top of page

「失敗を減らす」努力が安全性の向上につながる理由


安全パラダイムの転換

石油およびガス部門における従来の安全プログラムは主にマイナスの結果を回避することに焦点を当てており、抑止力として懲罰的措置に頼ることもよくありました。ただし、このアプローチでは従業員が誤って安全プロセスから離脱してしまう可能性があります。単なる失敗の回避から、積極的に成功を求め、成果を称賛するモデルへと移行する、安全文化の根本的な変化の時が来ています。


安全に対する起業家精神

顧客を失望させないようにするだけでなく、積極的に顧客を喜ばせようとしている起業家を想像してみてください。失敗の回避から成功の追求へというこの考え方の転換は、安全管理においても重要です。安全性における成功は、インシデントが発生しないことのみによって定義されるべきではなく、積極的な安全実践の存在と卓越性の継続的な追求によって定義されるべきです。


スポーツコーチングからの教訓

スポーツでは、コーチはエラーを回避することだけでなく、勝利につながる戦略や積極的な補強にも重点を置きます。同様に、石油・ガス業界でも、懲罰的なアプローチから、従業員の意欲を高めて関与させるアプローチへの転換が必要です。ロベルト・ゴイズエタ氏が指摘したように、失敗を避けることだけが成功への戦略ではありません。動的な安全文化とは、前進し、革新し、継続的に改善することです。


積極的かつ積極的な安全環境の構築

効果的な安全文化を育むために、石油およびガス業界のリーダーは、積極的な安全行動を認め、報いる環境を構築する必要があります。これには、明確で達成可能な安全目標を設定し、進捗状況を測定し、安全な作業環境に貢献する積極的な戦略に焦点を当てることが含まれます。


怪我ゼロを超えて: 総合的なアプローチ

負傷者ゼロを達成するという目標は重要ではありますが、優れた安全性がどのようなものであるかというビジョンを含む、より広範な戦略の一部である必要があります。このビジョンは、インシデントが発生していないことだけでなく、事前の安全対策と継続的な改善努力の存在を反映する、測定可能なパフォーマンス指標によって裏付けられる必要があります。


今後の道のり: 回復力のある安全文化の構築

石油・ガス業界で回復力と権限のある労働力を構築するには、失敗を恐れるのではなく、成功を動機とする文化を育むことが不可欠です。これは、プロアクティブな安全イニシアチブを優先し、安全慣行の革新を奨励し、安全管理のあらゆる側面において卓越した取り組みを行うことを意味します。この新しい視点を受け入れることで、組織は従業員が単にコンプライアンスを遵守するだけでなく、安全で成功した職場を確保するという共通の目標に積極的に取り組み、投資する安全文化を育むことができます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page