top of page

あなたは本当に安全文化を知っていますか?


組織文化の複雑な状況において、安全面を理解し、形づくることは極めて重要かつ困難です。「安全文化」という言葉は議論の余地があるかもしれませんが、優れた企業、良い企業、悪い企業を問わず、あらゆる企業にその存在があることは否定できません。この概念は改善のための重要な焦点領域であり、あらゆる組織の意思決定構造に深く根付いています。


安全文化の概念

安全文化を独立した概念として扱うのは誤りだと主張する人もいます。安全は運用文化とは別のものであると解釈されるからです。しかし、この見方は、多くの企業で安全が運用精神の不可欠な部分ではなく、追加の責任として見られるという現実を見落としています。安全が共有責任として認識されているのか、それとも単なる別のタスクとして認識されているのかを評価することが重要です。


文化遺産としての安全性の評価

文化とは、基本的にグループ内で共通するものであり、信念、行動、慣習が含まれます。安全性に関しては、これは従業員の間で共通に信じられている信念、観察可能な行動、および広まっている話に相当します。ギャップと改善の余地を把握することが重要です。


新規採用者と請負業者の影響

新しく採用された人や請負業者は、それぞれが安全に関する独自の信念を組織に持ち込みます。これらの信念は、既存の文化に良い影響も悪い影響も与える可能性があります。職場の他の人に影響を与える前に、これらの信念を理解し、修正し、調整することが重要です。


安全文化の向上の課題

多くの組織は、社内の現在の信念、決定、行動、ストーリーテリングに対する理解が不足しているため、安全パフォーマンスと文化の向上に苦労しています。これは、従業員とリソースの能力と能力を理解せずに戦いに勝とうとしたり、ビジネスを成長させようとしたりするのと同じです。


安全性向上における成功の定義

安全性向上のための効果的な計画を立てるには、望ましい結果を明確に理解する必要があります。これには、安全担当者だけでなく、経営幹部が、成功する安全性とはどのようなものか、それがビジネス目標とどのように一致するかを定義することが含まれます。


最初のステップ: 望ましい将来の状態を定義する

安全文化の現状を評価する前に、組織はまずビジネスと安全の両面で、望ましい将来の状態を定義する必要があります。そうすることで初めて、ギャップを正しく特定し、改善が必要な部分と競争上の優位性になり得る部分を区別できるようになります。


戦略的な優先順位付けとリーダーシップ

安全文化を改善するには、戦略的な思考が必要です。組織は、どのギャップをすぐに対処し、どのギャップを延期するかを優先順位付けする必要があります。このプロセスには、リソースの割り当てに関する厳しい決定を下し、安全目標をより広範なビジネス目標と一致させることが含まれます。


文化形成におけるリーダーシップの役割

リーダーは、現在の安全文化と望ましい安全文化を定義し、理解する上で極めて重要な役割を果たします。文化が向かうべき方向を明確に理解していなければ、出発点を知るだけでは不十分です。リーダーは、従業員が知っておくべきこと、信じるべきこと、実行すべきこと、そしてこれらの優先事項を強化するために従業員が共有すべきストーリーを明確にする必要があります。


結論として、組織内の安全文化を導き、改善することは、現在の信念と行動の徹底的な理解、望ましい結果の明確な定義、および戦略的なリーダーシップを必要とする多面的な課題です。企業は、これらの側面に対処し、より広範なビジネス目標と一致させることで、安全文化を効果的に改善できます。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page