top of page

イノベーションの採用: 安全性のベストプラクティスを超えて進む


組織には、優れた運用を実現するために確立されたベスト プラクティスに大きく依存する共通の傾向があります。これらの慣行には一定の役割がありますが、それらを厳格に遵守することには限界があることを認識することが重要です。このブログでは、安全性を継続的に改善する文化を育むために、ベスト プラクティスを問い、イノベーションを受け入れ、優れた安全性を再定義することがなぜ不可欠であるのかを詳しく説明します。


ベスト プラクティスを理解する

ベスト プラクティスとは、特定の目標を達成するのに効果的であることが証明された確立された方法またはプロセスです。ただし、石油およびガス産業のダイナミックな性質は、これらの慣行を継続的に再評価する必要があることを意味します。かつては「ベスト」プラクティスだったものが、今では時代遅れになったり、単なる平均的なものになったりする可能性があります。批判的な評価なしに既存のベスト プラクティスを採用すると、停滞につながり、卓越性の追求が妨げられる可能性があります。


継続的な改善とイノベーションの必要性

成功によって特定の行動が時代遅れになる可能性があるというピーター・ドラッカーの洞察は、石油・ガス業界の安全性の観点から特に重要です。ここでは、安全性能は単なるコンプライアンス対策ではなく、競争上の優位性でもあります。私たちは継続的な改善に努め、単に事故や事件がないことを超えて安全性を高める革新的なアプローチを採用する必要があります。


安全性の再定義

伝統的に、安全性はマイナスの結果がないことによって評価されてきました。ただし、より進歩的なアプローチには、環境戦略と行動戦略を組み合わせて、リスクへの曝露を積極的に管理することが含まれます。すべてのリスクを排除するのは非現実的であることを認識し、私たちはプロアクティブなリスク管理と改善に焦点を移す必要があります。


実験の重要性

レオ バーネットの意見に倣い、優れた安全性を実現するには、たとえ試行錯誤が伴うとしても、最高の基準を追求する必要があります。安全性はあまりにも重要なので、平凡なもので満足することはできません。私たちは実験を続け、新しい方法論を模索し、失敗から学び、有意義な改善を推進する必要があります。


フランクリン D. ルーズベルト大統領の大胆かつ継続的な実験の呼びかけは、安全分野にも適切に当てはまります。現在の慣行を最終的な結果として捉えるのではなく、継続的な改善の探求に取り組む必要があります。そのためには、イノベーションが奨励され、現状への挑戦が歓迎される文化を育むことが必要です。


安全コンサルタントの役割

HSE コンサルタントとしての私たちの責任は、単にベスト プラクティスを採用することにとどまりません。私たちは組織が確立された規範に疑問を抱き、革新的なソリューションを模索し、安全性の卓越性が何を意味するかを再定義するよう奨励する必要があります。協力的なイノベーションと継続的な改善の文化を促進することで、平均的なパフォーマンスを超え、持続的に優れた安全性を目指すことができます。


石油およびガス業界における安全慣行の向上を目指す当社の取り組みは継続中です。継続的な学習、革新的な思考、協力的な取り組みを通じて、私たちは安全が危害を回避することだけでなく、リスクを積極的に管理し、最高水準の優れた運用を目指して努力する未来を形作ることができます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page