top of page

コーチとしてのリーダー - 関連性はあるのでしょうか?


過去 10 年間で、職場でのコーチングは、パフォーマンスの向上と組織変革の促進に不可欠な要素へと進化しました。コーチングは、上層部だけのサービスではなく、あらゆるレベルの人材を育成し、職業的成長と個人的成長の両方を促進する強力なツールとして認識されるようになりました。


コーチングの必要性

コーチングは、従来、野心的な人のための贅沢、または将来有望だが未熟な従業員を矯正するための手段とみなされてきたため、エリート主義的なイメージは薄れつつあります。今日では、組織階層の下位の従業員に対するコーチングに投資することで、生産性が大幅に向上し、より意欲的で自信に満ちた、積極的な従業員を育成できることが理解されています。


安全リーダーシップのためのコーチング

健康と安全の分野では、コーチングが極めて重要な役割を果たします。コーチングは単なるスキルやテクニックの集合体ではなく、個人が変化と発展への願望を実現できるように導くことを目的とした、ダイナミックな関係とコミュニケーションのアプローチです。安全コーチは、リスクの特定、コミュニケーションの管理、障壁の管理、よりよい関与のための安全会議の構成、改善の認識と強化において従業員をサポートします。


安全コーチングは問題解決の域を超え、意識、好奇心、個人の成長を刺激することに重点を置いています。新しい洞察につながる強力な質問をしたり、個人が独自の解決策を見つけられる環境を育んだり、変化への道をサポートすることが含まれます。


効果的な安全コーチングの原則

安全コーチングを成功させるための基本原則は次のとおりです。


  • コーチの能力: コーチは、最終的にはコーチ自身が決定を下すコーチの知識、能力、可能性を信頼します。

  • コーチの役割: コーチは手助けする存在ではなく、変化のプロセスを加速させる触媒であり、コーチを受ける側は自分の進歩に責任を持ちます。

  • ビジョンと目的: コーチは、情熱、献身、そして真の関心を持ってクライアントの役割に取り組み、より高い目的を達成できるよう支援します。

  • 信頼と機密保持: 成功するコーチングは、信頼と機密保持を基盤として構築され、オープンで敬意のあるコミュニケーションを促進します。

  • コーチングを受ける人を中心とした創造: コーチングはコーチングを受ける人が創造するものを中心に据え、独立した思考、実験、新しい視点を取り入れる余地を提供します。

  • ピアツーピアコミュニケーション: コーチは協力的で非権威的なコミュニケーションスタイルで取り組み、機会と新しい考え方に焦点を当てます。

  • プロセスと構造: コーチはプロセスと構造を指導しますが、コーチングを受ける人の目標に役立たない限り、議題を設定したり議論を主導したりすることは控えます。

  • アクティブ リスニングと効果的な質問: これらの重要なスキルには、コーチが十分に関与し、オープンエンドの質問をして、より深い理解を得て、コーチングを受ける人がさまざまな角度から問題を探求できるようにすることが含まれます。


コーチとしてのリーダーへの最終的な考え

リーダーは複数の役割を担うことが多く、コーチングでは特に適応性、自己認識、意図の明確さが求められます。リーダーには議題を設定する権限がありますが、コーチとして、コーチはコーチングを受ける人の議題に明確に従う必要があります。信頼関係の構築と機密性の高い環境の構築は、コーチング スタイルを採用するリーダーにとって最も重要です。


結局のところ、職場でのコーチングは、尊敬、積極的な関与、コーチングを受ける人のリソースの活用、困難な会話への取り組みへの献身を中心に据えた、洗練されながらも非常に充実した実践です。コーチングは、個人を有意義な成果と充実した人生へと導く手段です。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page