top of page

チームの 5 つの機能不全を理解する


チームは、最も熟練したグループであっても弱体化する可能性がある 5 つの基本的な機能不全に直面する可能性があります。ただし、これらの潜在的な落とし穴を特定することは始まりにすぎません。これらの課題を克服することで、真のチームの相乗効果と成功につながる可能性があります。この調査では、これらの機能不全について説明し、チームを機能不全からダイナミックに変革するための実行可能な戦略を提供します。


1. 信頼の不在


核心的な問題:

チームメンバーがグループ内で弱者になりたくない場合、隠蔽とためらいの文化が助長されます。弱点を認めたり、助けを求めたり、建設的なフィードバックを提供したり受け入れたりすることが稀になり、チームの結束力や能力が妨げられます。


ソリューション:

脆弱性が尊重される安全な環境を作り出すことは、個人的な交流、ストーリーテリング、失敗を成長の機会として受け入れることによって実現できます。


2. 紛争への恐怖


核心的な問題:

対立への恐怖は人為的な調和をもたらします。チームは意見の相違を避けるため、受動的攻撃的な状況が生じ、健全な議論に参加できなくなります。そのため、退屈な会議や精彩のない意思決定が生じることがよくあります。


ソリューション:

オープンな議論が奨励され、チームの健全性のために必要であるとみなされる環境を育みます。建設的な対立のための基本ルールを確立することで、問題が効果的に対処され、解決されることが保証されます。


3. コミットメントの欠如


核心的な問題:

意思決定が曖昧で明確さが欠如していると、チームメンバーがグループの目標から切り離されていると感じる可能性があります。そのため、締め切りを守れなかったり、結果に無関心になったりすることがよくあります。


ソリューション:

信念を持って決定を下し、結論を下す前に必ず全員の意見を聞いてください。決定が下されたら、たとえ最初の合意が得られなかったとしても、チームはそれに完全にコミットする必要があります。


4. 責任の回避


核心的な問題:

明確な基準がなければ、チームメンバーは責任を回避し、パフォーマンスの低下や憤りにつながる可能性があります。


ソリューション:

明確な基準を設定し、全員がそれを遵守できるようにします。チームの目標と期待について定期的に話し合うことは、説明責任を強化し、チームを順調に進めるのに役立ちます。


5. 結果への不注意


核心的な問題:

個人がチームの目標よりも自分の地位や成功を優先すると、停滞や集団としての達成感の欠如につながる可能性があります。


ソリューション:

個人の賞賛ではなく、チームの結果に焦点を当ててください。明確な目標を設定し、チームの成果を祝い、集団としての成功と目的意識を育みます。


前進する


機能不全に陥ったチームを結束力のある組織に変えるには、継続的な努力と、チームメンバー全員の変化への取り組みが必要です。それぞれの機能不全に正面から取り組み、それを克服するための戦略を実行することで、チームはより生産的で前向きな作業環境に向かうことができます。


完璧であることが重要ではないことを忘れないでください。それは進歩についてです。チームが成長し、進化するにつれて、これらの課題を克服するためのアプローチも変化します。会話を続けて、より良いものを目指して努力し続けてください。なぜなら、チームが真に団結すれば、一緒に達成できることに制限がないからです。

チームメンバーがグループ内で弱者になりたくない場合、隠蔽とためらいの文化が助長されます。弱点を認めたり、助けを求めたり、建設的なフィードバックを提供したり受け入れたりすることが稀になり、チームの結束力や能力が妨げられます。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page