top of page

プロジェクトベースの従業員の安全文化を最適化する


プロジェクトベースの従業員における安全文化の改善には、特有の課題が伴います。常設のチームとは異なり、これらのグループは一時的なものであり、限られた期間に集まります。このブログでは、労働者の幸福とプロジェクトの成功の両方にとって重要な、そのような環境で強固な安全文化を育むための効果的な戦略について説明します。


臨時チームの安全前提を再考する

正社員に適した従来の安全アプローチは、プロジェクトベースのチームにはそれほど効果的ではない可能性があります。これを認識して、成功したプロジェクト リーダーは安全文化に対する視点を変えました。


考え方よりも行動を変える

思考を変えると行動が変わるという一般的な考えに反して、実際の経験はその逆を示唆しています。多くの場合、最初に行動の変化を開始する方が効果的です。水泳を学ぶのと同様に、理論的なトレーニングよりも直接の経験の方が効果的に考え方を変えることができる場合があります。すぐに安全な行動を奨励すると、時間の経過とともに自然に安全に対する考え方が進化する可能性があります。


安全重視の簡素化

広範な安全規則とトレーニングを備えたプロジェクト スタッフを圧倒することは逆効果です。成功したプロジェクト マネージャーは、最も一般的な安全上の問題に焦点を当て、一貫した会議、トレーニング セッション、監督者とのやり取りを通じてそれらを強化します。このアプローチは、一般的なリスクに対処するだけでなく、より広範な安全面に対する意識を有機的に高めます。


従業員の自律性の準備

プロジェクト環境における効果的な安全文化は、コンプライアンスを強制するための微細な管理ではなく、従業員が自律的に意思決定できるように準備することに重点を置いています。この戦略には、あらゆる行動を制御しようとするのではなく、必要なスキルと安全に対する考え方を植え付けることが含まれます。


仮設環境における効果的な安全文化の構築

短いプロジェクト期間内で根深い安全文化を構築するのは困難です。重要なのは、主要な安全基準に優先順位を付けて迅速に浸透させることです。いくつかの重要なコンピテンシーに集中することで、最も影響力のある安全上の問題に最初に対処し、時間が許す限り二次的な問題に取り組むことができます。


経験豊富な従業員の活用

複数のプロジェクトに経験豊富な従業員を組み込むことで、安全文化を大幅に強化できます。これらの経験豊富な従業員は、新しいチームメンバーを指導し、重要な知識と専門知識を伝達できます。複数のプロジェクトにわたって同じ従業員を維持することが常に実現可能であるとは限りませんが、可能な場合は常にそうすることで、プロジェクト ベースのチームに伴う特有の課題を軽減できます。


カスタマイズされた管理アプローチ

プロジェクトベースの従業員には、その固有の特性を考慮した明確な管理アプローチが必要です。たとえば、オンボーディングとオリエンテーションのプロセスは、常設のチームと比較してより集中的に行う必要があります。早期の指導と短期従業員の明確な識別は、経験の浅い従業員に複雑なタスクを割り当てないようにするのに役立ちます。


プロジェクトベースのチームにおける安全性の向上のための重要な戦略

  • 堅牢な新人研修とオリエンテーション: 新人研修プロセスを強化して、従業員を安全文化に迅速に統合します。

  • 集中的なメンターシップ: 安全基準を迅速に吸収するために、プロジェクトの初期段階でのメンターシップに重点を置きます。

  • 安全目標の優先順位付け: プロジェクトの範囲と期間を考慮して、安全と文化の最も重要な側面を現実的に特定し、それに取り組みます。


プロジェクトベースの従業員において優れた安全性を達成するには、従業員特有のダイナミクスを認識した、カスタマイズされたアプローチが必要です。行動の変化、安全トレーニングの簡素化、従業員の自律性の準備、経験豊富な人材の活用に重点を置くことで、組織は強力な安全文化を効果的に育成できます。こうした特有の課題を認識して対処することが、一時的な作業環境における安全パフォーマンスを向上させる鍵となります。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page