top of page

仕事中も仕事外でも自分の身を守る

不確実性と恐怖が特徴的な時代、特に新型コロナウイルス感染症のパンデミックのような課題を考慮すると、安全性をしっかりと重視し続けることの重要性は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。私は安全コンサルタントとして、外部の危機に圧倒されたときに個人が直面する困難を認識しています。この記事は、重大なリスクに対処し、予防措置を講じることの必要性を強調しながら、職場内外の両方で怪我や病気をしないようにするための効果的な戦略を概説することを目的としています。私たち自身とコミュニティを守るためには、たとえ危機的状況にあっても安全を意識する文化を育むことが不可欠です。


危機を理解する: 学習の触媒

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに支配された現在の世界的なシナリオは、私たちの日常生活と労働環境を一変させています。この前例のない状況は、渡航の停止、国境の閉鎖、不確実性の蔓延など、多くの課題をもたらしています。このような時代においては、私たちの全体的な健康への影響を軽減するために、安全に常に重点を置くことが重要です。


職場の安全を優先する

危機にもかかわらず、私たちは自分と同僚の安全を確保し、職務上の責任を果たさなければなりません。恐怖や不確実性は、注意力散漫による安全上のリスクの増大につながることがよくあります。安全の重要性を一貫して伝えるだけでなく、安全を行動の中に取り入れて優先順位を付けることが重要です。


日常の習慣から学ぶ: 運転のたとえ

運転という行為から有益な類似点を引き出すことができます。周囲に注意を払いながら道路に集中するのと同じように、危機時の安全に対しても同様のアプローチを適用する必要があります。不確実性にこだわりすぎると、運転中に電話での会話に夢中になるのと同じように、安全に関する重要な考慮事項から気が散ってしまう可能性があります。こうした気を散らすものを認識して管理することが、安全への重点を維持するための鍵となります。


安全第一の考え方を身につける

困難な時期に効果的に安全に集中するには、いくつかの重要な手順を考慮する必要があります。

  1. 重大なリスクの特定: 可能性と重大度が高いリスクを評価し、優先順位を付けます。これらの主要なリスクに焦点を当てることで、安全への取り組みをより的を絞った効果的なものにすることができます。

  2. 一般的なリスクを理解する: 可能性は低いものの、不確実な影響を与える可能性があるリスクを認識します。これらのリスクに対する認識と準備は非常に重要です。

  3. 予防措置の実施: 重大なリスクを軽減するために必要な措置を確立し、従業員が一般的なリスクに関して十分な情報に基づいた意思決定を行えるようにして、安全に対する当事者意識を促進します。

  4. 効果的なコミュニケーション: コミュニケーション チャネルの制限に適応して、安全に関する重要なメッセージがすべての従業員に効果的に届くようにします。

  5. コンプライアンスの確保: 安全上の注意事項の順守を監視するシステムを導入し、明確なガイドラインとプロトコルを提供します。

  6. リモートでの影響力とコーチング: 従来の対面でのやり取りがない場合、従業員を指導し影響を与える代替方法を見つけ、以下の重要性を強調します。安全に対する個人の責任。


危機の際には、仕事と私生活の両方で安全を守るために、真の意味で安全に重点を置くことが不可欠です。重大なリスクを特定し、従業員に権限を与え、コミュニケーションとコンプライアンスの戦略を適応させることで、不確実性の中でも安全の文化を構築し、維持することができます。困難な時期には、安全慣行の具体性が特に重要であることを覚えておくことが重要です。本当に重要なことを優先して、自分自身とコミュニティの健康と安全を保つことに尽力しましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page