top of page

効果的なリーダーの育成: 視点を変え、エンゲージメントを優先する


石油・ガス業界では、安全性と業務効率を確保するためにリーダーシップが最も重要であり、リーダーシップ能力を強化することは重要な取り組みです。最近、リーダーシップ開発に関する視点の変化が目に見えて見られます。企業にとって、管理者をコンプライアンスの執行者としてだけでなく、パフォーマンスの指導者として見ることが重要です。この移行には、単なる初期トレーニング以上のものが必要です。一貫した強化と、モチベーションを低下させる要因に対処するための戦略的アプローチが必要です。ここでは、業界におけるリーダーシップ開発に対するこの進化したアプローチについて詳しく説明します。


コンプライアンスからパフォーマンスへの移行

石油およびガス部門では、安全性と生産は競合する目標ではなく、補完的な目標として見なされなければなりません。管理者は、安全性と生産性が相互に支援し合う文化を育み、優れたオペレーションを達成するためには安全性が不可欠であると考えるべきです。


強化の必須性

リーダーシップ トレーニングは不可欠ですが、その効果はフォローアップの強化次第です。トレーニング後の戦略は堅牢であり、トレーニングの目標に沿ったものである必要があります。トレーニングの効果を持続的かつ効果的にするには、モチベーションを高める要因とモチベーションを下げる要因の両方を理解し、取り組むことが重要です。


短期的な取り組みを超えて

業界は、一時的な安全プログラムを導入するという罠に陥ることがよくあります。持続可能な変化とは、取り組みの目新しさではなく、その徹底した実施にあります。成功をサポートまたは妨げる要因を最初から理解することが不可欠です。


リーダーシップのパフォーマンスの課題に取り組む

リーダーシップのパフォーマンスに対処するには、さまざまな要因を深く掘り下げる必要があります。

  • リーダーはトレーニングの目的と自分の役割との関連性を理解していますか?

  • トレーニングは個人の成長にとって価値があると認識されていますか、それとも組織にとって単に有益であると認識されていますか?

  • トレーニングの開発に対象読者が十分に関与していましたか?

  • トレーニングの成果を確実に遵守するための説明責任措置が講じられていますか?

  • 既存のシステムとパフォーマンスの尺度は、望ましい変更と一致しており、それをサポートしていますか?

リーダーシップ開発の出発点の評価

現在のリーダーの習熟度を特定し、リーダーが活動するより広範な状況を理解することが重要です。リーダーシップとは卓越性を鼓舞することであり、これがあらゆる能力開発プログラムの焦点であるべきです。


組織の目標に沿ったスーパーバイザーの育成

最前線の監督者の育成は不可欠ですが、上級管理者によるサポートが必要です。組織全体で効果的なリーダーシップを発揮するには、監督者と上層部のビジョンとの連携を確保することが重要です。


やる気を失わせる要因を無力化する

リーダーシップトレーニングに取り組む前に、現在リーダーのやる気を失わせている要因を特定してください。

さまざまなレベルのリーダーと協力して、以下のことを理解してください。

  • 組織における優れたリーダーシップを示す行動は何ですか?

  • リーダーが優れた能力を発揮する動機は何ですか?

  • 潜在能力を発揮できない原因は何ですか?


この洞察は、関連性があり、影響力があり、組織の目標に沿ったリーダーシップ開発プログラムを調整するのに役立ちます。


結論として、石油・ガス業界で有能なリーダーを育成するには、単なるトレーニング以上のものが必要です。それには、強化、モチベーションを低下させる要因への対処、組織目標との整合性の確保などを含む、総合的なアプローチが必要です。継続的な改善の文化を育み、リーダーシップを刺激することで、組織は安全パフォーマンス、業務効率、そして全体的なビジネスの成功を向上させることができます。コンプライアンスを管理するだけでなく、パフォーマンスとイノベーションを推進するリーダーシップの育成に取り組みましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page