top of page

効果的な HSE 成果を得るために真の参加を促進する


強力な安全文化を構築することは、組織の健全性にとって不可欠です。この重要な側面には、安全への取り組みに対する従業員の積極的な関与と参加が含まれます。しかし、多くの組織は自発的な参加を奨励することに苦労しており、多くの場合、関与していない「自発的に参加する人」を任命することにつながります。このブログでは、安全ボランティア活動を妨げる要因と、真の参加を奨励する文化を育む方法について詳しく説明します。


安全への取り組みにおけるモチベーションを低下させる要因について理解する

モチベーションを低下させる要素は、安全実践に取り組む個人の内発的動機を弱める要素です。ほとんどの従業員は当然自分の仕事に誇りを持っていますが、特定の仕事の設計や上司とのやり取りによっては、この生来の意欲が損なわれる可能性があります。モチベーションを低下させる要因が安全に対する認識に影響を与えると、優れた安全性を維持するために必要な自発的な努力を引き出すことが困難になります。


安全への参加における認識の役割

認識は、安全への取り組みに参加する個人の意欲を形成する上で重要な役割を果たします。こうした認識は、多くの場合、影響力のあるチームメンバーが共有する否定的な経験や見解に影響され、安全への関与に抵抗する文化を固める可能性があります。 HSE の課題を克服するには、これらの認識を認識して対処することが不可欠です。


ポジティブな経験を通じて認識を変える

知覚の変化を強制することはできません。それはポジティブな経験を通じて育まれなければなりません。短期的な行動の変化を強制しても、長期的な安全への関与は得られない可能性があります。認識を真に変えるには、組織は従業員が安全への取り組みについて異なる見方をするよう奨励する機会を創出する必要があります。


ボランティア活動に影響を与える一般的な認識を特定する

従業員へのインタビューでは、次のような安全ボランティア活動を妨げるいくつかの認識が明らかになりました。

  • 安全に関する提案や作業指示に関するフィードバックが不足している。

  • 現在の安全ボランティアの有効性についての疑問。

  • 安全への取り組みが重大なリスクに対処していないという信念。

  • 組織コミュニケーションにおける安全性よりも生産性の優先。

  • 直属の上司からの目に見えるサポートが存在しない。

  • 安全活動に参加することによる影響への恐怖。


障壁を取り除くことの重要性

安全の文化を促進するには、自主的な参加を妨げる障壁を特定し、排除することが不可欠です。組織は、不本意な参加者やインセンティブに依存するのではなく、従業員が自然に安全への取り組みに関心を持ち、それに貢献する傾向にある環境を育成することを目指す必要があります。これには、モチベーション低下の根本原因に対処し、安全への取り組みが認められ評価される職場を育成することが含まれます。


HSE で強固な安全文化を構築するには、単にコンプライアンスを遵守するだけではありません。従業員の積極的かつ真の参加が求められます。安全に関するモチベーションを低下させる要因や誤解を理解し、それに対処することで、組織は安全が共通の責任であり共同の利益であるとみなされる環境を促進できます。目標は、強制的な参加から、安全がすべての従業員の役割に不可欠な文化に移行し、より安全で生産性の高い職場を実現することです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page