top of page

安全の中で創造性を解き放つ: 水平思考の力


健康、安全、環境 (HSE) の専門家として、私は安全慣行を強化するための革新的な考え方の重要性をよく強調します。従来の方法は価値がありますが、独自の解決策を見つける能力を制限することがあります。ここで水平思考が活躍し、安全上の課題に対する新たな視点を提供します。このブログでは、水平思考が安全へのアプローチにどのような変革をもたらすかを探っていきます。


垂直思考を超えて: より広い視野を受け入れる

従来、安全性の向上は垂直思考に大きく依存していました。垂直思考とは、主に根本原因に焦点を当てた論理的で段階的なアプローチです。この方法は効果的ではありますが、確立された境界内に閉じ込められる可能性があり、革新的なソリューションを発見する可能性が制限されます。たとえば、ハインリッヒのピラミッドのような伝統的な安全理論は、有用ではありますが、安全問題の多面的な性質を常に捉えているとは限りません。


安全における水平思考の本質

水平思考とは、エドワード デボノが作った用語で、従来の思考パターンから外に出るよう促します。安全性の問題をさまざまな角度から検討し、型破りな解決策を検討することです。このアプローチは、事故防止と安全性向上のためのより創造的で効果的な戦略につながる可能性があります。


現実世界への応用: 水平思考の実践

現実世界のシナリオを考えてみましょう。倉庫の正面玄関が凍結し、安全上の危険が生じています。従来のソリューションは、氷の処理や水の流れの向きの変更に重点を置いている場合があります。しかし、水平思考により、ドアを問題の少ないエリアに移動するという新しい解決策が生まれました。この例は、問題を再定義することで革新的な解決策がどのように得られるかを示しています。


創造的な安全思考の文化を育む

水平思考を安全に育むには、創造性と独創的なアイデアを重視する組織文化を作り出すことが重要です。単なるコンプライアンスや標準手順を超えて、安全について異なる考え方をするよう従業員に奨励することで、大幅な改善につながる可能性があります。創造的な問題解決手法のトレーニングを提供することで、スタッフは安全上の課題に革新的に取り組むために必要なスキルを身につけることができます。


革新的な安全ソリューションの構築

水平思考を安全実践に組み込むことは、一度に 1 つずつ橋を架けることに似ていますが、多くの場合、まっすぐな道をたどることはありません。さまざまなアプローチを積極的に検討し、標準に挑戦することで、新しく効果的な安全イノベーションを実現できます。


結論として、安全への取り組みを真に進めるには、水平思考を受け入れることが重要です。これにより、従来の方法を超えて、さまざまな創造的なソリューションを探ることができます。安全戦略における革新的な考え方を奨励することで、より効果的に課題に取り組み、全体的な安全パフォーマンスを向上させることができます。この考え方の変化を受け入れて、安全イノベーションを先導しましょう。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page