top of page

安全性と生産性のバランス


組織の卓越性を達成できるかどうかは、安全性と生産性の重要なバランスにかかっています。このブログでは、このバランスの重要性、安全性の無視による影響、および「安全な生産」の統合について探ります。私たちの業界の精神に組み込まれています。


安全性を損なうことによる高いコスト

私たちの業界では、生産性が安全に優先できるという誤解があるだけでなく、間違いもあります。危険だよ。短期的な生産性向上のために安全対策を怠ると、生産量の減少や運用コストの増加など、重大な混乱につながる可能性があります。安全に関するインシデントは、緊急対応や医療などの直接コストだけでなく、経験の浅いスタッフの交代による士気の低下や効率の低下などの間接コストももたらします。


安全性と生産性の調和

この分野でトップの成績を収めている組織は、安全性と生産性が相反するものではないことを理解しています。それらを競合する利益とみなすのではなく、それらの相乗効果を特定して活用することが重要です。安全目標を組織全体の戦略と整合させることで、安全が生産性を妨げるのではなく、確実に向上させることができます。


安全性と本番環境の二項対立への対処

安全性と生産性の間に矛盾があると考えられるのは、通常、次の 3 つの領域から生じます。

  1. 統合された戦略の欠如: 安全性と生産性の両方を網羅する統合された戦略がないと、従業員は相反する優先事項の間で板挟みになり、最適とは言えない意思決定につながることがよくあります。< /p>

  2. 矛盾する戦略: より広範なビジネス目標から切り離されて開発された安全戦略は、混乱を招く運用環境を生み出し、スタッフが効果的に優先順位を付けることが困難になる可能性があります。< /p>

  3. 実装の課題: 適切に調整された安全戦略があっても、実際のテストは地上での実行にあります。効果的なコミュニケーション、説明責任、一貫した強化が、戦略を効果的に日々の実践に反映させる鍵となります。


安全な生産の概念を受け入れる

「安全な生産」という考え方安全か生産性かの誤った選択を解消します。安全に関するあらゆる立場において、明確な役割、責任、期待される結果 (3R) を定義することが不可欠です。安全性への期待はパフォーマンス評価の一部として含めるべきであり、生産性指標と並んでその重要性が強調されます。


事故ゼロという目標を再考する

単に事故がないことを安全と定義すると、誤解を招く可能性があります。事故率などの遅行指標のみに焦点を当てると、独りよがりな文化が生まれる可能性があります。代わりに、安全第一の考え方を奨励する積極的な主要な指標を開発する必要があります。


持続可能なパフォーマンスに対する認識の変化

石油・ガス業界のリーダーは、安全性と生産性の関係に対する従業員の認識を再構築する必要があります。従業員の視点を理解し、根底にある動機に取り組み、安全な生産に関する統一ビジョンを提唱することで、安全性と生産性が成功を促進する補完的な要素と見なされる環境を促進することができます。


石油・ガス業界では、安全性と生産性のバランスをとることは単なる目標ではなく、必要不可欠です。安全性と生産性という誤った二分法を超えて、安全な生産への総合的なアプローチを採用することで、オペレーショナル エクセレンスが高い生産性と厳格な安全基準の両方によって定義される未来への道を切り開くことができます。組織の持続可能な成功のために、このバランスの取れたアプローチに取り組んでみましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page