top of page

安全性における低確率リスクの理解: 予防戦略


石油・ガス業界の健康、安全、環境 (HSE) 専門家として、私は職場で発生する可能性の低いリスクによってもたらされる課題を痛感しています。職場事故の削減に大きな実績を上げているにもかかわらず、経験豊富で安全意識の高い従業員の間でも、依然として予期せぬ事故が発生することがあります。この現象は多くの場合、確率の低いリスクの固有の性質に起因しており、まれではありますが、重大な結果をもたらす可能性があります。このブログ投稿では、これらのリスクの複雑さを調査し、それらを効果的に軽減するための戦略を提供します。


確率の低いリスクを理解する

低確率リスクとは、名前が示すように、事故を引き起こす可能性が最小限、たとえば数千分の 1 のリスクです。しかし、これらのリスクが大規模な従業員全体にわたって、時間の経過とともに増大すると、実際のインシデントとして現れる可能性があります。課題は、特に多数の従業員と複雑な運用が存在する環境において、その識別と管理にあります。


経験と常識の限界

経験と常識だけに頼ると、確率の低いリスクを特定する際に誤解を招く可能性があります。労働者は現状に満足し、過去に活動が安全であれば、今後も安全であると誤って信じてしまう可能性があります。たとえば、これまでに事故がなかった経験に基づいて、落下防止装置なしでプラットフォームの端近くで作業するのは安全であるように思えるかもしれません。ただし、これでは、事故につながる可能性のある特有の予期せぬ状況が発生する可能性が見落とされています。


根本原因分析を超えて

伝統的に、事故後の調査は根本原因の発見に重点を置いています。しかし、可能性の低いリスクを考慮すると、このアプローチは十分ではない可能性があります。事故は単一の原因ではなく、相互に関連した一連の出来事から生じることがよくあります。したがって、安全への取り組みでは、潜在的な変数をすべて排除するのは非現実的であることを認識し、予防戦略を優先する必要があります。


リスクの認識と優先順位付け

人間は自然に、リスクの可能性と重大度に基づいてリスクの優先順位を付けます。ただし、これは、特に組織がより一般的な危険を軽減することに成功している場合、確率の低いリスクを過小評価することにつながる可能性があります。課題は、依然として重大な事故につながる可能性がある、あまり明らかではないリスクに対して警戒を続けることです。


可能性の低いリスクを管理する戦略

確率の低いリスクを効果的に管理するには、確率とその安全性への適用について十分に理解する必要があります。広範な集団や業界全体の調査からデータを収集することが重要です。予防戦略には、環境の修正、可能であれば変数の制御、個人の行動の変化を含める必要があります。これらの戦略の策定に従業員を参加させることが、戦略の成功と適用性の鍵となります。


習慣的な安全慣行の作成

確率の低いリスクを防ぐ鍵は、習慣的で一貫した安全慣行にあります。車でシートベルトを着用することが自動的に習慣化されているのと同様に、職場でも安全対策が第二の習慣になる必要があります。習慣を変えることは困難ですが、組織科学と行動科学の原則を適用することで達成可能です。


確率の低いリスクの複雑な対処は、職場の安全性を高める上で重要な側面です。経験と従来の根本原因分析のみに依存することの限界を認識し、これらのとらえどころのないリスクに対処する包括的な戦略に焦点を当てることは、安全文化を強化するための重要なステップです。安全における確率についての理解を深め、従業員を戦略策定に参加させ、一貫した安全習慣を確立することで、組織はこれらのリスクを効果的に最小限に抑え、事故ゼロという目標に近づくことができます。この進行中の取り組みでは、継続的な研究と安全性向上への取り組みが不可欠です。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page