top of page

安全性の変化の構造


石油・ガス業界の動的な環境では、堅牢な安全基準を維持するために変更を効果的に管理することが重要です。健康、安全、環境 (HSE) の専門家として、私は人間の心理と安全の複雑な関係を理解するようになりました。変化に対する脳の反応を理解することで、抵抗を管理し、安全性の向上を受け入れる文化を育むことについて貴重な洞察が得られます。


安全慣行の変化に対する脳の反応

  1. 前頭葉を理解する: 脳のこの部分は、合理的な思考と問題解決を担当します。新しい課題や安全プロトコルの変更に直面したとき、この情報を論理的に処理するのは前頭前野です。この分野に効果的に取り組むことで、従業員が安全慣行の変更を合理化し、受け入れるのに役立ちます。

  2. 大脳基底核の役割: タスクがルーティンになると、習慣形成を担当する大脳基底核がその役割を引き継ぎます。この習慣的な行動への移行は、脳によるエネルギー保存の一形態です。しかし、それは安全慣行における自己満足につながる可能性があり、新しいプロトコルの導入が困難になります。

  3. 知覚された脅威に対する扁桃体の反応: 扁桃体は生存本能を引き起こし、物理的脅威と社会的脅威の両方に同様に反応します。職場の安全という観点では、脅威として認識される変化は闘争・逃走反応を引き起こし、新しい安全対策の受け入れを妨げる可能性があります。


変化への抵抗を克服する

  1. 関与とオーナーシップ: 変更の開発と実装への従業員の関与を奨励すると、脳の理性的な部分を活用できます。このアプローチにより、従業員は変化を脅威ではなく、論理的で管理可能なプロセスとして捉えることができます。

  2. 恐怖と過負荷に対処する: 恐怖、過負荷、混乱、対立などの自然な抵抗の引き金を理解し、対処することが重要です。変更の背後にある理論的根拠とその利点について明確に伝えることは、こうした懸念を軽減するのに役立ちます。

  3. 安全専門家による効果的なコミュニケーション: 安全専門家が従業員とどのように関わるかが重要です。敬意を持った包括的なコミュニケーションは受け入れを促進しますが、否定的または失礼なやり取りは否定的な反応を引き起こす可能性があります。

  4. コーチとしてスーパーバイザーに権限を与える: 多くの場合、スーパーバイザーは、変化を通じてチームを指導するために必要なスキルを備えていない可能性があります。スーパーバイザーを効果的なコーチおよびコミュニケーターとしてトレーニングすると、変更管理プロセスを大幅に強化できます。


石油・ガス業界における変更管理、特に安全性に関しては、変化に対する人間の脳の反応を微妙に理解する必要があります。前頭葉の合理的な思考プロセスを活用し、大脳基底核によって制御される習慣的な行動を管理し、扁桃体の脅威反応を軽減することで、安全専門家は新しい安全プロトコルへのスムーズな移行を促進できます。鍵となるのは、効果的な関与、明確なコミュニケーション、不安への対処、そして安全性を変える取り組みを推進するためにあらゆるレベルのリーダーに権限を与えることにあります。変化の「構造」を理解することは、この進化し続ける業界における安全パフォーマンスを向上させるための重要なステップです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page