top of page

安全性向上のための罰則の有効性


職場の安全に関する現代の議論では、「権限付与」、「所有権」、「関与」などの言葉がしばしば称賛される一方で、「非難」や「罰」は懐疑的に見られています。これは重要な疑問を提起します。安全管理は肯定的な強化のみに焦点を当て、否定的な結果を完全に放棄すべきでしょうか? 答えは微妙であり、明確なガイドラインを備えたバランスの取れたアプローチが必要です。


安全の観点からの罰則の理解

罰は、基本的に行動を誘発するのではなく、行動を止めるために設計されています。従業員を罰すると望ましい行動が始まるというのはよくある誤解です。実際には、罰は回避行動や悪意のある従順を生むのが一般的です。望ましくない行動を止めると自動的に望ましい行動につながるという仮定は間違っています。行動を止めるのと始めるのには、異なるツールが必要です。


ガイドライン1: 罰の適切な使用

罰は、望ましくない行動を止めるためだけに使用すべきです。罰の効果は、タイムリーで一貫性のある適用にかかっています。罰が遅れたり一貫性がなかったりすると、望ましい効果が得られないことがよくあります。安全管理では体系的かつ効率的であることが重要です。行き当たりばったりの適用は、安全への取り組みの真剣さを損なうからです。


ガイドライン2: 必須の安全性と任意の安全性を区別する

義務的な安全プロトコルと任意の安全慣行を区別することが重要です。労働者は、特定の安全規則の遵守は交渉の余地がなく、雇用条件であることを理解する必要があります。ただし、自主的な安全プログラムへの参加は奨励されるべきであり、罰則によって強制されるべきではありません。罰則は、コンプライアンスを確保するために留保されるべきであり、安全性の卓越性を達成するための取り組みのために留保されるべきではありません。


ガイドライン3: 処罰の基準

安全における罰則の適用には、故意の違反、悪質な違反、および繰り返しの違反という 3 つの重要な基準が適用されます。

  • 故意: 故意のルール違反や安全上の見落としには罰則が必要です。逆に、正直なミスには懲罰よりも指導が必要です。

  • 甚だしい違反: 特に反抗的な行為などの甚だしい違反は、明らかに処罰の対象となります。このような場合には、記録とコミュニケーションが不可欠です。

  • 繰り返し: 故意か偶発的かを問わず、繰り返し違反を犯す者には、継続的な安全違反を防ぐために懲罰的措置が必要です。


ガイドライン4: 影響の調査

危険な行動の背後にある根本的な理由を理解することは不可欠です。リスク認識やトレーニング不足などの個人的な影響や、ワークフロー設計などの組織的要因を考慮する必要があります。行動に対する主な影響が労働者の制御を超えている場合、処罰は不適切です。


安全のための罰のバランスのとれた使用

必要な場合、罰は厳密な抑止力としてだけでなく、注意と配慮をもって施行されるべきです。危険な行動の背後にある影響を理解することは非常に重要です。罰は自動的な反応ではなく、よく考えられた手段であるべきであり、罰が人間関係に与える影響は、行動の変化の重要性と慎重に比較検討されるべきです。


結論として、罰則は安全管理の要ではないものの、完全に無視することもできません。それぞれの安全違反は徹底的に評価され、最も適切な対応が決定される必要があります。効果的な安全管理には、積極的な強化と賢明な罰則の組み合わせが必要であり、安全で順守された職場環境を確保する必要があります。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page