top of page

安全性向上の段階


安全性の向上は、安全パフォーマンスと文化を強化するためにあらゆる組織が取り組む継続的な取り組みです。改善が進むにつれて、新たな改善領域を特定することがますます困難になる可能性があります。この記事では、安全性向上のさまざまな段階を詳しく説明し、各段階で戦略を効果的に適応させる必要性を強調します。


従来のアプローチの限界を理解する

HSE の文脈でアインシュタインの狂気の定義を踏襲し、同じ方法を継続的に適用して異なる結果を期待することは効果がありません。組織が進化するにつれて、以前に成功をもたらした戦略では継続的な進歩には不十分である可能性があることを認識する必要があります。


異なるステージを経て成長する

安全パフォーマンスを向上させるには、個別の段階を通過する必要があり、それぞれに特定のスキル、要素、アプローチが必要です。よくある間違いは、安全の役割と責任を固定的なものとみなすことです。定性的な影響を考慮せずに活動を増やすと、非効率や停滞につながることがよくあります。


基盤の確立

初期段階では、リスクの評価、管理の実施、ルールと手順の確立に重点が置かれます。規制要件への準拠が基盤となります。ただし、組織はこれが単なる出発点であり、最終目標ではないことを認識する必要があります。


労働者の行動重視への取り組み

さらに進むと、特にコンプライアンス違反がインシデントの根本原因として特定された場合、焦点は従業員の行動に移ります。義務的な行動を強制し、説明責任を確保することが不可欠になります。この移行には、監督者向けの追加トレーニングと、生産から安全へのリーダーシップの焦点の移行が必要になる場合があります。


裁量的な行動への対処

遵守が徹底されているにもかかわらず事故が続くと、裁量的な行動に注目が集まります。この段階では、確率の低いリスクへの取り組みが含まれ、異なる一連の評価ツールとアプローチが必要になります。これらの動作を変更するには、必須の動作を強制するために使用されるものとは異なる独自の戦略が必要です。


安全文化: 根底にある影響

安全文化は労働者の行動に大きな影響を与えます。それは集団の習慣のように機能し、世代を超えて持続する可能性があります。安全文化を積極的に変革するには、組織は従来のツール以上のものを採用する必要があります。強力な安全文化の可能性を最大限に活用するには、過去の慣行を超えて進むことが重要です。


継続的な改善と収益逓減の両立

継続的な改善の段階では、強化すべき領域を見つけることがより困難になります。組織は、子どもの成長に合わせて進化する子育て技術と同様に、さまざまな面で過剰な努力をすることを避けなければなりません。安全成熟度の各段階に合わせて戦略を認識し、調整することが、利益逓減を克服する鍵となります。


安全性向上の取り組みには、各段階の固有の課題に合わせた戦略を備えた、適応性のあるアプローチが必要です。これらの戦略を進化させることで、組織は安全パフォーマンスと安全文化を強化し続けることができます。 HSE で長期的な成功を収めるには、たとえ上級段階であっても段階的な改善を受け入れることが不可欠です。この適応的なアプローチにより、安全が組織の成長と進化にとって動的かつ不可欠な部分であり続けることが保証されます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page