top of page

安全性向上の限界を克服する


安全性が最優先される石油およびガス業界では、優れた安全性を達成することが複雑かつ継続的な課題です。多くの場合、安全性の進歩は、その概念を過度に単純化するリーダーによって妨げられます。このブログ投稿は、安全管理における 4 つの一般的な過度に単純化された慣行に対処し、修正することを目的としています。


1.単純化した安全性の定義を超えて

石油とガスの分野では、安全性を「行動する前に考える」などの基本的なフレーズに要約することはできません。このような単純化した定義では、リスクが高く環境が複雑な私たちの業界における安全性の複雑な性質を捉えることができません。リーダーは安全についてのより微妙な理解を伝え、継続的な学習と改善の文化を強調する必要があります。安全の定義を深くすることで、労働力のより積極的な関与と安全意識の向上につながります。


2.包括的な安全戦略の策定

私たちの業界における安全性には、単なる毎月のプログラムや取り組み以上のものが求められます。単なる注意力を超えた、よく考えられた戦略が必要です。石油およびガス事業の従業員は安全性の社内顧客であり、戦略的アプローチは従業員固有のニーズと課題に合わせて調整する必要があります。リスクに積極的に対処し、安全文化を促進する戦略を採用することで、事故や傷害をより効果的に防止することができます。


3.遅行指標よりも先行指標を重視する

事故率などの遅行指標のみに焦点を当てると、組織が「失敗を減らそう」というサイクルに陥る可能性があります。利害関係が高い石油・ガス業界では、このアプローチは不十分です。私たちは、予防的な安全行動を測定する先行指標に焦点を移す必要があります。これにより、安全性の予防的な改善と持続可能な進歩が可能になります。


4.経営幹部レベルでのリーダーシップのコミットメントを確保する

戦略的な監督なしに、安全責任を下位レベルの安全専門家に委任すると、有害な場合があります。石油・ガス産業の安全には、最高レベルの献身的なリーダーシップが必要です。これにより、安全性がコンプライアンスや二次的な問題として見られるのではなく、企業の中核となる価値観や戦略に確実に組み込まれるようになります。


過度の単純化からの脱却

過度の単純化の限界を克服し、優れた安全性を達成するには、石油およびガス組織は次のことを行う必要があります。

  • この業界特有の危険性を理解して、安全性を包括的に定義します。

  • 私たちが事業を行っている複雑な環境に合わせた戦略的な安全アプローチを開発します。

  • 積極的な安全管理を促進する先行指標に焦点を当てます。

  • 経営幹部レベルで安全が最優先事項であることを確認し、安全を中核的なビジネス戦略に統合します。


結論として、安全性の簡素化は、石油およびガス業界で真の優れた安全性を達成する上で大きな障壁となる可能性があります。これら 4 つの主要分野に取り組むことで、より効果的かつ積極的な安全文化を促進できます。考え方を変え、継続的に改善を求め、安全に対する包括的なアプローチを採用することが重要です。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page