top of page

安全意識調査


組織における安全文化の形成における認識の役割は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。しかし、最も善意のある組織であっても、特に新入社員や企業文化全体に対するこれらの認識の影響を見逃していることがよく観察されます。


知覚の力を理解する

認識は、正確かどうかにかかわらず、組織内の集団的な信念を形成します。これらの信念が、不明確な価値観、否定的な態度、過度に競争的な優先事項と絡み合うと、日々の業務で問題を解決する個人にとって複雑な環境を生み出します。したがって、これらの認識を認識し、理解することが重要です。


認識調査プロジェクトの出発点

すべてに当てはまる万能のアプローチはありませんが、次のガイドラインは、社内主導の認識調査プロジェクトを開発するための出発点となります。


目標を決定する: アンケートで達成したいことを明確に定義します。さまざまなステークホルダーの視点から目標を検討し、望ましい最終結果を決定します。これは、調査をどのように実施すべきか、また調査によってどのような洞察を提供しようとするべきかについての指針となります。


ユーザーと対象者を定義する: アンケートが特定のグループを対象とするか、組織全体を対象とするかを決定します。調査の有効性に影響を与える可能性がある言語と読み書き能力の障壁を考慮してください。


用語を明確にする: 調査で使用される用語は、組織の用語を反映している必要があります。用語のズレは混乱を招き、調査結果に影響を与える可能性があります。


調査ツールを完成させる: 潜在的な回答者を調査の作成に参加させ、結果の所有権を高めます。これには、カテゴリ、ステートメント、用語、さらには調査の外観や雰囲気の決定も含まれます。最初のフィードバックを収集するためにパイロット セッションを検討してください。


アンケートを管理する: オンライン、印刷、またはその組み合わせなど、組織にとって最も効果的な方法を選択します。調査の実施は、完全性と代表的なサンプルサイズを確保するために簡単である必要があります。


結果を活用する: 認識調査は貴重な洞察を提供しますが、文化やパフォーマンスの唯一の尺度となるべきではありません。これらは、特定の瞬間に人々がどのように感じているかのスナップショットを提供し、特定の決定が下された理由や行動が示された理由についてのさらなる調査を導くことができます。


認識調査の価値

認識調査の作成と管理には時間がかかりますが、それほど複雑ではありません。これらの調査は、組織の文化がパフォーマンスに与える影響を理解する上で重要な役割を果たします。これらは決定的な指標ではありませんが、注意と改善が必要な領域に焦点を当てるのに役立ちます。


認識調査は、組織内の安全文化を評価し、形成する上で重要なツールです。これらの調査で得られる洞察を理解し、それに基づいて行動することで、組織はより安全で、より応答性が高く、エンゲージメントの高い作業環境を構築する上で大きく前進することができます。認識を測定するだけではないことを忘れないでください。その情報を利用して安全を優先し、継続的に改善する文化を育むことが重要です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page