top of page

安全文化がビジネスの収益性に与える影響


ビジネスと文化の領域では、意思決定の時点での一貫した強化の力は、個人の信念を共有の価値観に変える上で非常に重要です。この原則の影響は大きく、内部の動向だけでなく、外部の認識や顧客の選択にも影響を与えます。


安全文化の顧客としての従業員

企業では、従業員は本質的に組織の安全文化の「顧客」です。従業員の安全に関する決定は、肯定的にも否定的にも強化され、従業員の将来の行動を形作ります。これらの決定が公に知られると、ビジネスとその外部顧客ベースに影響を与える可能性があります。


安全文化がビジネスに与える影響

対照的な例として、大韓航空の事件が挙げられます。この事件では、パイロットが飛行中に飲酒しようとしましたが、懲戒処分はほとんど受けませんでした。さらに悪いことに、この事件を報告した客室乗務員長は降格されました。この事件は、航空会社が乗客の安全よりもパイロットの保護を優先しているというメッセージを送る可能性があります。このような事件は、消費者の信頼を損ない、ひいてはビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります。


内部認識と外部認識の重なり

企業が社内文化、特に安全性を管理する方法は、外部の認識に大きな影響を与える可能性があります。顧客や一般の人々は、直接の経験と聞いた話の両方に基づいて意見を形成します。企業にとって、これらの内部と外部の視点がどのように重なり合って企業に影響を与えるかを理解することが重要です。


認識と経験の管理

安全文化に関する従業員の信念を形成する場合でも、顧客の認識に影響を与える場合でも、決定の時点での一貫した強化が重要です。企業は、内部および外部との良好な関係を築くために、これらの物語を積極的に管理する必要があります。選択肢は明らかです。望ましい結果を得るために物語を積極的に管理するか、収益性の低下などの意図しない結果によって受動的に形成されるかです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page