top of page

安全文化の9つの必須要素


組織における優れた安全性とは、単にルールを遵守したり、安全ポリシーを設けたりすることだけではありません。それは組織の文化に深く根付いています。最近の考察により、優れた安全性の文化を促進するための基礎を形成する 9 つの重要な要素が特定されました。これらの要素を理解し、配慮することで、組織の安全パフォーマンスを大幅に向上させることができます。


現在の安全文化を評価する

上達する前に、自分の出発点を理解する必要があります。ほとんどの組織は、効果的かどうかにかかわらず、安全文化をすでに確立しています。目標は、新しい文化をゼロから作成することではなく、既存の文化を発展させることです。これには、現在何が評価され、報われているか、そして組織内で安全がどのように認識されているかを理解することが含まれます。


優れた安全文化の 9 つの要素

安全パフォーマンスと文化で有名な組織との協議を通じて、9 つの主要領域が焦点として特定されました。


  1. 情熱

  2. 焦点

  3. 期待

  4. 積極的な説明責任

  5. 強化

  6. 弱点

  7. コミュニケーション

  8. 測定

  9. 信頼


安全文化を測定し、促進する

ワークショップや協議を通じて、組織がベースラインを定義し、改善すべき領域に優先順位を付けるのに役立つように、これらの 9 つの要素が測定されました。シンプルで効果的なアプローチは、さまざまなレベルや部門にわたってグループ ディスカッションを開催し、これらの要素を 1 から 10 のスケールで採点することです。これらのディスカッションは、各要素を強化するために対処する必要があるものについての貴重な洞察を提供します。


戦略的枠組みの開発

これらの議論の結果は、3 年から 5 年の戦略的枠組みの開発につながるはずです。このフレームワークでは、企業文化の安全面を改善する方法に優先順位を付け、具体的な行動や重点分野を特定します。


化学、気候、文化の管理

組織の文化はメンバーの信念や行動に必然的に影響を与えることを忘れないでください。化学、気候、安全の文化を不用意に運用パフォーマンスに影響を与えるのではなく、積極的に管理することが重要です。


優れた安全性を達成するには、単に手順に従うだけではありません。それは、安全が組織精神の不可欠な部分である文化を育むことです。これら 9 つの中核要素に焦点を当てることで、組織は安全が単なる優先事項ではなく核となる価値である環境を構築でき、職場がより安全になるだけでなく、労働力のより積極的で生産性の向上にもつながります。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page