top of page

安全文化向上のための指標


組織内の安全文化を理解し、改善することが最も重要です。以前、私は安全ドライバーのための指標、つまり安全パフォーマンスの向上を目的とした活動の重要性について説明しました。これらの指標は、安全への取り組みの有効性についての貴重な洞察を提供します。次に、従業員間の共有概念、認識、能力として定義される安全文化の強化に特に焦点を当てた第 2 レベルの指標を詳しく見てみましょう。


共有安全コンセプトの確立

安全文化に影響を与え、調整するための重要な側面は、組織全体で安全概念についての共通理解を確保することです。安全を単に怪我がないこととして捉えるのではなく、リスクの包括的な理解、予防措置の知識、およびこれらの予防措置の一貫した実施を包含する必要があります。このより広い定義により、より積極的な安全文化が促進されます。この共通理解を強化するには、定期的なトレーニング、会議、効果的なコミュニケーションが不可欠であり、その有効性はアンケート、フォーカス グループ、テストなどのさまざまな方法で測定できます。


従業員の認識を調整する

従業員の認識は、継続的な改善のための豊かな土壌となります。労働者が安全トレーニング、会議、コミュニケーション、リーダーシップの価値をどのように見ているかを評価することで、強化が必要な分野についての洞察が得られます。組織の特定の状況や言語に合わせて認識調査をカスタマイズすると、より正確で関連性の高いデータが確保され、それに応じて安全コミュニケーション戦略やリーダーシップのアプローチを調整するのに役立ちます。


コンピテンシー レベルの測定

コンピテンシーの測定は、文化的評価のもう 1 つの重要な要素です。これには、従業員の職務固有のスキルだけでなく、上司のコーチング スキル、マネージャーのコミュニケーションやモチベーションなどのリーダーシップ スキルも含まれます。これらの能力を高めるには、トレーニングセッションや安全会議などのセーフティドライバーの効果が非常に重要です。これらのドライバーは知識を伝えるだけでなく、安全性の優先事項や継続的なパフォーマンスの向上にプラスの影響を与える必要があります。


安全性向上プロセスを理解する

安全文化に対する安全ドライバーの影響を効果的に測定する組織は、安全改善プロセスについてより深い理解を得ることができます。これには、安全計画が安全文化と一致し、それを強化することが含まれます。安全の概念、認識、能力が安全への取り組みによってプラスの影響を受けると、安全パフォーマンスも向上します。


強固な安全文化を構築するには、文化的要素を評価し改善する指標に戦略的に重点を置く必要があります。共有の安全コンセプトを確立し、従業員の認識を調整し、能力レベルを評価することで、組織は有意義な変化を生み出すことができます。このプロセスでは、カスタマイズされた調査と、安全ドライバーと企業文化との相互作用を徹底的に理解することが役立ちます。最終的に、これらの取り組みは、すべての従業員が熱心に取り組み、情報を得て有能に取り組む安全文化につながり、組織を持続的な安全性の向上に向けて推進します。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page