top of page

安全管理実践における 7 つのよくある誤解を暴く


安全管理の分野では、安全を効果的に管理するための鍵は安全な作業環境を作り出すことにあるという、「寓話」として認識されることが多い共通の信念があります。環境を改善し、強力な安全ルールを確立し、意識向上トレーニングを提供し、監督者や安全専門家を通じてこれらのルールを施行します。このアプローチでは、安全な行動に報酬を与え、事故の根本原因を調査し、その結果として事故率の減少を期待することも強調されています。一見論理的であるように見えますが、この信念体系にはいくつかの誤解が含まれており、安全管理プログラムの設計と実装に対する私たちのアプローチに影響を与える可能性があります。


誤解 1: 安全指標としての事故率の低さ

事故率の低さが効果的な安全プログラムと直接相関しているという考えは誤解を招きます。短期的に事故率が低いからといって、必ずしも事故が抑制されるわけではありません。これはランダムな変動に起因する可能性があり、信頼できる傾向を構成するものではありません。さらに、事故がないことに焦点を当てて安全を否定的に定義すると、安全な行動のための明確な指針が得られず、誤った安心感につながる可能性があります。


誤解 2: 安全専門家が現場の安全に責任を負う

安全専門家は安全な環境を設計し、安全意識を高める上で重要な役割を果たしますが、安全は最終的には各作業者の責任です。チームベースの安全への取り組みを通じて従業員に権限を与えると、トップダウンのアプローチよりも良い結果が得られることがよくあります。労働者は、単に規則や監督を受ける受動的なものではなく、自らの安全に積極的に参加する必要があります。


誤解 3: 事故の主な原因としての状況

最近の研究では、危険な状況だけが原因で発生する事故はほんのわずかであり、大部分は危険な行為、または行為と状況の組み合わせによって引き起こされることが示唆されています。状況の改善に主に焦点を当てると、効果が低くコストがかかる可能性があり、投資収益率も限られます。


誤解 4: ルールの施行と安全

安全ルールの有効性は、その関連性と実用性、およびそれを理解して適用する従業員の能力によって決まります。多くの場合、ルールは作業員の意見なしに作成され、現場の現実と乖離している可能性があります。主に懲罰的措置による規則の施行に過度に依存すると、コンプライアンスの低下や労働者の憤りにつながる可能性があります。


誤解 5: 報酬と安全性の向上

報酬システムは短期的な事故データに影響を与える可能性がありますが、実際の安全性向上に与える影響については議論の余地があります。事故がなかったことのみに報酬が与えられる場合、安全な行動を奨励するのではなく、事故の報告を妨げる可能性があります。効果的な報酬システムは、従業員が制御できる行動に焦点を当てるべきです。


誤解 6: 事故調査と根本原因分析

根本原因の分析は有益ですが、多くの場合、従業員の行為に起因する事故よりも、機械的要因または環境的要因によって引き起こされた事故の方が効果的です。責任の所在を特定することに重点を置いた調査は、従業員の参加を妨げ、より簡単な防止方法を見落としてしまう可能性があります。


誤解 7: 意識向上トレーニングの有効性

認識トレーニングは、最初は良い結果をもたらす可能性がありますが、具体的な行動や定期的なフィードバックによって強化されない限り、時間の経過とともにその有効性は低下します。長期的には習慣的な行動がトレーニングよりも優先されることが多いため、単なる思考ではなく習慣を変えることに重点を置く必要があります。


現実に基づいた安全管理プログラムを開発し、長期的な信頼性と成功を保証するには、これらの誤解を理解することが不可欠です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page