top of page

戦略的成功への道


多くの組織には、一貫した安全戦略が欠如しており、多くの場合、安全と生産の間の優先順位が矛盾することで事態が悪化します。優れた安全性を促進するには、統一された目標に向かってさまざまな要素を調和させる包括的なアプローチを導入することが重要です。このブログでは、安全戦略の重要な要素と、卓越した文化を育む上でのそれらの全体的な役割について詳しく説明します。


従来の安全モデルを超えた進化

ブラッドリー カーブのようなモデルは、安全文化と卓越性への進歩についての洞察を提供します。しかし、それらは通常、望ましい結果を達成するための具体的なロードマップを提供しません。安全文化の改善は単独で行うことはできません。相互に関連する複数の要因の影響を受けるため、体系的なアプローチが必要です。


安全戦略の主要な要素

当社のコンサルティング経験により、優れた安全性にとって重要な 4 つの主要な要素と 2 つの重要な要素が特定されました。


1. 戦略: 効果的な安全戦略は、正確でありながら適応性のあるものでなければなりません。それはリーダーシップの進化を刺激し、文化の変化をサポートする必要があります。静的な戦略は文化の停滞につながります。リーダーシップのスタイルは、指揮統制からより包括的なアプローチに移行し、私たちが望んでいる文化的な変化を促進する必要があります。

2. リーダーシップ: リーダーは、望ましい文化的価値観を模範とし、模範を示し、安全文化の変革を擁護する必要があります。

3. 従業員エンゲージメント: 優れた安全性の中心となる従業員エンゲージメントは、明確に定義され、積極的に追求される必要があります。戦略は、帰属意識を育み、賛同を生み出し、安全プロセスに対する当事者意識を育むことを目指す必要があります。

4. 安全文化: 文化は、戦略、リーダーシップ、エンゲージメントの影響を受ける副産物です。戦略を効果的に調整するには、現在の状態を理解することが重要です。

5. 安全専門家役割: 安全専門家は、ディレクターからファシリテーターおよび専門リソースへと進化する必要があります。組織の変化する安全ニーズに対応し、事後対応のタスクからプロアクティブな戦略策定に移行する必要があります。

6. 安全性指標: 従来の遅れ指標を超えて、洗練された指標を組み込んだバランスの取れたスコアカード アプローチにより、安全性の進捗状況と結果についてのより深い洞察が得られます。


文化の進歩をナビゲートする

安全文化は、依存から独立、そして最終的には相互依存へと発展します。この進行は個人の成長段階を反映しており、組織文化の進化を説明するために適応されています。この成長を戦略的に育成するには、文化の現状を理解し、それに合わせて取り組みを調整することが不可欠です。


測定の必須性

効果的な測定とは、単に失敗または成功を追跡することではありません。バランス スコアカードのような微妙なアプローチでは、さまざまな指標間の相互作用が考慮されます。このアプローチにより、進捗状況をより深く理解できるようになり、戦略的な意思決定に役立ちます。


優れた安全性を達成するには、戦略、リーダーシップ、従業員エンゲージメント、文化、安全専門家の役割、指標などの複数の要素を共通の目標に向けて調整する、包括的な戦略が必要です。安全性は、他の組織目標と切り離して孤立して機能することはできません。これらのコンポーネントを戦略的に管理することで、組織は、優れた安全性が単なる願望ではなく、継続的に改善される具体的な現実となる文化を目指す旅に乗り出すことができます。この総合的なアプローチを採用し、卓越性と永続的な進歩に満ちた文化への道を切り開きましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page