top of page

持続可能な安全文化のためのヒント


ビジネスの世界では、優れた安全性の追求が、ビジネス全体の成功の重要な要素として認識されることがよくあります。しかし、単に「安全文化」を望むだけでは、不足します。本当の課題は、エネルギーを効果的に集中させ、持続可能な結果を生み出す能力を養うことにあります。


文化的要素としての安全を理解する

安全は、品質や顧客サービスと同様に、組織の文化の不可欠な側面です。単一のグループや個人に任せることはできません。安全性が核となる価値観であるためには、安全性が組織の日常業務に不可欠であり、意思決定の瞬間に一貫して強化される必要があります。ただし、強調しすぎると利益が減少する可能性があることに注意することが重要です。


安全とリーダーシップおよび運用レベルの調整

安全を核となる価値観として組み込む鍵は、組織のトップリーダーとの連携にあります。取締役会の行動と焦点は、会社全体に響く雰囲気を設定します。明確で行動的に定義された安全の役割と責任を経営層レベルで確立し、それを組織のあらゆるレベルにカスケードすることで、安全パフォーマンスが大幅に向上することがわかりました。


安全への取り組みは量より質

安全性の向上を目指す組織は、安全性への取り組みの量よりも有効性が重要であることを理解しています。よくある間違いは、安全への取り組みを事後対応的に、しばしば見当違いの目標に向けることです。目標は、安全関連活動の単なる増加ではなく、変革的な改善を特定し、それに焦点を当てることです。


明確で変革的な目標を設定する

安全文化の成功は、90 日などの期間にわたって単一の変革目標に焦点を当て、明確かつ簡潔な方向性を設定するかどうかにかかっています。このアプローチは、抽象的ではありますが、多くの組織で効果的であることが証明されています。小さな段階的な変化ではなく、変革をもたらす目標に重点が置かれています。


優れた安全性の動機と評価

設定された目標に向けた目に見える進歩は、金銭的な報酬や評価よりも強力な動機として機能することがよくあります。安全性が向上し、インシデント データが統計的重要性を失うにつれて、失敗の指標ではなく達成の指標への移行が重要になります。


成功事例と従業員の参加を活用する

安全文化を育む上で十分に活用されていない戦略は、成功事例を共有することです。安全に関する成果を従業員に確実に認識させることで、参加と当事者意識が促進されます。多くの場合、従業員の参加を妨げる主な障壁となるのは、こうした成功に対する認識の欠如に起因する非効率性の認識です。


測定をポジティブなツールとして再考する

組織内の測定に対する認識は非常に重要です。それは不信感や恐怖の源ではなく、改善のためのツールとして見なされるべきです。測定に関する否定的な認識に対処することは、安全文化の変革と取り組みの検証にとって重要です。


社内能力と持続可能な文化の構築

集中して結果を達成するための内部能力を開発することが不可欠です。持続可能な安全文化を確立するには、長期にわたって外部支援への依存を減らすことが重要です。このような文化は、既製のソリューションではなく、明確で調整された焦点と、あらゆるレベルでの卓越性への情熱的な取り組みを通じて構築されます。


組織文化に合わせて安全慣行を適応させる

最後に、持続可能な安全文化を構築するには、行動よりもアプローチが重要です。事前定義されたプログラムに合わせて運用を形作るのではなく、組織の独自の文化や運用に合わせて安全慣行を適応させることが重要です。このカスタマイズされたアプローチは、持続可能な価値を付加し、強固な安全文化を確立する最も効果的な方法です。


結論として、持続可能な安全文化を確立するには、バランスの取れた焦点、明確な目標、組織の固有のダイナミクスに対する深い理解が必要な微妙な道のりです。これは調整、動機付け、測定、適応の継続的なプロセスであり、安全性をポリシーとしてだけでなく基本的な運営方法として評価する文化につながります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page