top of page

監査可能な要件のナビゲート


効果的な監査は、高い安全基準を維持するための重要な要素です。監査は科学と芸術を微妙に組み合わせたもので、技術的な知識と、情報を迅速に分析して適合または不適合を判断する能力が必要です。このプロセスの重要な側面は、「監査可能」かどうかを判断することです。要件。


「監査可能」について理解する要件

どの組織でも、政府、規制当局、顧客、地域社会などのさまざまな利害関係者を満足させるために、無数の義務を果たさなければなりません。これらの義務は、ポリシーや手順などの企業文書に組み込まれており、監査が必要な「要件」を形成します。ただし、すべての要件が監査可能であるわけではありません。効果的に監査できるのは、成果が得られる要件のみです。


監査人にとっての課題

監査人は、組織の要件をすべて検証するために限られた時間とリソースという課題に直面しています。したがって、監査人、特に経験の浅い監査人は、監査の準備段階で最も重要な要件を特定することが重要です。これには、組織の文書をレビューおよび分析し、関連するビジネスプロセスとリスクを理解することが含まれます。技術的な要件については、資格のある担当者から説明を求めることが重要です。


ISO 標準への準拠

ISO 9001 や ISO 45001 などの ISO 標準に準拠していない可能性のある HSE マネジメント システムを扱う場合、監査人は組織の内部文書を解釈する必要があります。 ISO 監査では、「しなければならない」 「すべき」という要件を示します。推奨は「かもしれない」許可があり、「できる」可能性。 ISO 以外の標準化された組織を監査する場合、これらの違いを理解することが重要です。


監査ポリシー、目的、手順

ポリシー(多くの場合は高レベルの文書)は、直接監査するのが難しい場合があります。監査人は、従業員がこれらのポリシーを理解し、実行しているかどうかを検証する必要があります。目標は、ポリシーステートメントと実行可能なステップを橋渡しするもので、通常は測定可能であり、監査の範囲を形成します。手順、計画、作業指示には監査可能な要件の大部分が含まれており、運用タスクに必要なアクションの概要が示されています。


組織記録の役割

記録はコンテキストを提供しますが、コンプライアンスの唯一の指標ではありません。監査人は、関連する記録をレビューしてコミットメントを理解し、それらが正確に維持されているかどうかを確認する必要があります。ただし、記録は必ずしも現在の状況を反映しているわけではない場合や、不正確である場合があるため、注意が必要です。


トレーサビリティと監査の意見

監査結果が監査可能な要件に明示的に関連付けられており、不適合に対する明確な証拠が提供されることが重要です。スタッフの面接で収集された意見は貴重ですが、それが不適合の唯一の根拠であってはなりません。監査人は意見と事実を区別し、その偏見を常に認識しておく必要があります。


石油・ガス業界の監査人として、私たちは自分たちの限界を痛感し、正確かつ公正な評価を保証するために監査可能な要件に重点を置く必要があります。徹底的な準備、ビジネスの理解、慎重な分析を通じて、この一か八かの業界における監査の複雑さを効果的に乗り越えることができます。

閲覧数:1回0件のコメント

Commentaires


bottom of page