top of page

真のエンゲージメントを解き放つ: 成功の 3 つの「A」


エンゲージメントは重要な要素として浮上します。安全パフォーマンスを向上させる文化を育むには、賞罰による動機付けという従来のアプローチでは不十分です。代わりに、「エンゲージメントの 3 つの「A」」を採用します。 – 親近感、連携、自主性 – は、より本物で持続可能なエンゲージメントにつながります。


親和性: 信念と目的の構築

親近感、つまりより偉大なものを信じたいという人間の欲求は、職場では不可欠です。このつながりの感覚や大義に対する信念がなければ、従業員は仕事に対する真の投資を欠く可能性があります。エンゲージメントが高い組織は、従業員を物理的にだけでなく、感情的、知的にエンゲージさせることの重要性を認識しているため、他の組織よりも優れていることがよくあります。


HSE への取り組みを強化するには、有意義な目的への参加を従業員に求めることが重要です。この関与は、緊急の期限を超えて、長期的で人間中心の目標に焦点を当てるべきです。優れた安全性が利他主義や人道的価値観と結びついているとき、それは従業員の心を捉え、より深いエンゲージメントを促進します。


所属: コミュニティ意識の育成

所属とは、より大きなコミュニティに所属する必要性を指します。従業員が職場でこの帰属意識を見つけられない場合、他の場所でそれを求める可能性があります。 HSE イニシアチブは、安全委員会や監視チームなどの構造化されたプログラムを通じてこのニーズを満たすことができます。ただし、これらのプログラムは、単にトークンとして参加するだけでなく、有意義な参加機会を提供する必要があります。


効果的なコミュニケーションと広報活動は、親近感を高める上で重要な役割を果たします。ロゴやユニフォームなどの目に見える帰属の目印は、成功を祝うとともに、共同体意識を高めることができます。このアプローチは、賛同を集め、組織の安全目標とのより強い関係を築くのに役立ちます。


自律性: 意思決定を強化する

HSE における自律性は、無制限の自由を意味するのではなく、定義された境界内で意思決定を行う権利を意味します。安全プロセスの作成に従業員を参加させることで、当事者意識、誇り、満足感が生まれます。権限を与えられたチームと委員会は、その構造とプロセスを設計することができ、創造性を促進し、安全実践へのより深い関与を促進できます。


従来のモチベーション方法を超えて進む

従来のアメとムチのアプローチは、特に認知的関与が必要なタスクではあまり効果的ではありません。代わりに、思いやりと創造性を呼び起こす取り組みが、より深い関わりを促します。自律性と親近感や連携により、従業員の可能性が最大限に活用され、安全に対する革新的なアプローチが推進されます。


安全文化を強化するための 3 つの「A」の相乗効果

アフィニティ、アフィリエーション、自律性を統合すると、HSE の運用パフォーマンスが大幅に向上します。強い信念体系、帰属意識、創造的な貢献の文化を育むことで、組織は従業員の可能性を最大限に引き出すことができます。このアプローチは、継続的な取り組みの文化につながり、安全パフォーマンスと成果を向上させます。


エンゲージメントは、単純な動機を超えた多面的な概念です。 HSE の領域では、親和性、提携性、自律性を統合する文化を育成することで、安全パフォーマンスと文化の大幅な向上につながる可能性があります。これら 3 つの主要分野に焦点を当てることで、組織はより積極的で献身的で安全意識の高い労働力を創出し、個人と組織の両方の成功を推進することができます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page