top of page

組織内の内発的動機を解き放つ


安全管理における真の動機は、恐怖に基づいた戦術の一時的な効果を超えていることを私は観察しました。むしろ、裁量的な努力と卓越性を刺激する文化を育むことが、持続可能なパフォーマンス向上の鍵を握っています。このブログ投稿では、恐怖に基づくモチベーションに代わる戦略を詳しく掘り下げ、優れた安全性を実現するための強力な原動力として内発的モチベーションを強調しています。


恐怖に基づくモチベーションを超えて進む

モチベーションを恐怖に依存すると、従業員の抵抗や無関心などの悪影響が引き起こされる可能性があります。安全における真のリーダーシップは、恐怖によってコンプライアンスを強制するのではなく、安全実践への真の取り組みを促すことを目指します。恐怖はコンプライアンスにつながる可能性がありますが、従業員が安全のために積極的に以上の努力をする文化を育むことはありません。


安全における規律を再考する

あからさまな不正行為を管理するには、従来の懲戒措置が有効です。しかし、積極的な安全文化を育むには限界があります。重要なのは、非営利団体が規律を利用せずにボランティアの動機を高める方法と同じように、安全慣行への自発的な参加と主体性を促すことにあります。


従業員のモチベーションを高めるための水平思考

エドワード・デ・ボノの「水平思考」にインスピレーションを得た、従来の動機付け戦略に安全に挑戦する必要があります。このアプローチには、新しい思考パターンを作成し、従業員が安全コンプライアンスを義務としてではなく、職業上の精神の重要な部分として捉えるよう奨励することが含まれます。


安全に対する内発的動機付けの活用

内発的動機づけを促進することは、安全性を永続的に向上させるために極めて重要です。これには、積極的に貢献したいという内部の意欲を活性化する方法で従業員を関与させることが含まれます。たとえば、安全が単なるコンプライアンス要件ではなく、個人的かつ集団的な価値観であるとみなされる環境を促進することで、従業員の安全に対する態度や行動を大きく変えることができます。


優れた安全性への情熱

安全性能の継続的な向上を達成するには、卓越性に対する情熱を育むことが不可欠です。これは、従業員が自らの安全行動に責任を持てるように権限を与え、安全性向上のための革新的なアイデアを奨励し、コンプライアンスを超えた取り組みを評価することによって達成できます。


結論として、石油およびガス業界の安全コンサルタントとしての私たちの役割は、ルールを強制するだけでなく、安全が本質的に重視される文化を促進することにも及びます。恐怖に基づいた戦術から内発的動機を促進する戦略に移行することで、より積極的で安全意識の高い労働力を育成することができます。この革新的なアプローチを採用して、業界で持続的な優れた安全性を実現しましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page