top of page

職場のストレスと労働者のエンゲージメントを解決する


職場のストレスが従業員に与える重大な影響'精神的健康と安全。職場のうつ病症例の16%が仕事のストレスに起因することを示すオーストラリアの研究や、従業員の苦情の70%がストレスに関連しているとする米国保健省の研究など、さまざまな研究がこの重大な問題を浮き彫りにしています。


職場のストレスにおける管理者の役割

ギャラップの調査によると、真に仕事に取り組んでいるマネージャーはわずか 35% で、憂慮すべきことに 51% が非関与で、14% が積極的に非関与であることが明らかになりました。管理者の関与が欠けていると、従業員のストレスレベルが悪化して、安全性と職場全体の効率に直接影響を与える可能性があります。


従業員のエンゲージメントを促進するための経営幹部の戦略

  1. 明確なコミュニケーション: 経営陣は、組織内のコミュニケーションが明確かつ透明であることを保証する必要があります。あいまいさは混乱を引き起こし、従業員のストレスを増大させる可能性があります。

  2. 本当の責任: 従業員に有意義な責任を割り当てることで、従業員の仕事や役割に対する関与と当事者意識を高めることができます。

  3. マイクロマネジメントを避ける: 過剰な管理は従業員の自発性と創造性を抑制し、エンゲージメントの低下やストレスにつながる可能性があります。自主性を促すことが鍵となります。

  4. 従業員の意見を優先する: 従業員の提案を評価し、優先順位を付けることで、より包括的で参加型の作業環境を促進できます。

  5. 関連トレーニング: 従業員の能力を向上させるトレーニング。スキルと仕事のコントロール感はストレスを軽減し、エンゲージメントを高めるのに役立ちます。

  6. リーダーシップの役割に対する能力に基づく選択: 能力と能力に基づいてリーダーに適した個人を選択することは、従業員のモチベーションと参加に大きな影響を与える可能性があります。

  7. 積極的な参加の促進: 意思決定プロセスへの従業員の積極的な参加を促進する環境を構築すると、従業員のエンゲージメントが高まります。

  8. 課題と成功をサポートする: 経営者は、熱心な従業員からの建設的な挑戦を歓迎し、組織への貢献を認識して彼らの成功を祝う必要があります。


職場のストレスに対処し、労働者のエンゲージメントを促進することは、特に一か八かの石油・ガス業界において、健康で安全な労働環境を維持する上で重要な要素です。これらの戦略を実行することで、経営者はストレスを軽減するだけでなく、仕事の満足度と安全パフォーマンスを向上させる協力的な職場文化を作り出すことができます。この業界の複雑な状況に対処し続けるにつれて、従業員の健康が業務の成功と安全と密接に関係していることがますます明らかになってきています。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page