top of page

行動の理解: 安全パフォーマンスを向上させる鍵


「行動」という用語多くの場合、パフォーマンスの批判に関連した否定的な意味合いを連想させます。しかし、HSE の領域では、「行動」は重要です。コミュニケーションスタイルから仕事のプロセスまで、観察可能な行動の範囲を指します。こうした行動を理解し、管理することが、事故や傷害を防ぐ鍵となります。


HSE の動作タイプを理解する

怪我の予防には、必須と任意の 2 つの主な行動タイプがあります。必須の行動とは、ルール、ポリシー、手順によって規定される行動です。これらは基本的な安全基準を維持するために不可欠であり、交渉の余地はありません。一方、裁量的行動とは、厳格な規則に規定されていないものの、怪我を防ぐために重要な行動です。これらの行動は多くの場合、行動ベースの安全プログラムによって形成されます。制御ツール(強制的な行動の場合)と影響を与えるツール(任意の行動の場合)が重複しないようにすることが重要です。これらは異なる目的を果たし、混在するとコンプライアンスや文化の問題につながる可能性があるためです。


観察可能な動作の分類

職場で観察される行動は、次の 3 つのカテゴリに分類できます。

  1. 不安全な行動: これらは本質的に危険であり、無謀な運転など、怪我につながることが多い行動です。これらは直ちに対処し、停止する必要があります。

  2. 危険な行動: 運転中のちょっとした注意散漫など、必ずしも怪我を引き起こすとは限りませんが、危険をもたらす行動です。これらには、より微妙な検出方法が必要であり、コーチングと介入を通じて対処する必要があります。

  3. 安全な行動: 注意深い運転など、危険が最小限またはまったくない行動です。ポジティブな強化は、こうした行動を奨励する鍵となります。


さまざまな行動を認識し、対処する

HSE 管理における課題は、リスク認識の程度が異なることです。否定的な結果が生じる可能性が高まるにつれて、それに伴うリスクもより明らかになります。ただし、リスクの低い行動は見過ごされることが多く、誤った安心感を与え、危険な行為を継続することにつながります。


安全性を高めるには:

  • 危険な行為に対するルールを適用する: 危険な行為を防止または停止するためのルールを確立し、一貫して適用します。

  • リスクのある行動に対するコーチ: コーチングと介入を活用して、リスクのある行動を促す認識や習慣を変えます。

  • 安全な行動を強化する: 安全な習慣を確立し維持するために、安全な行動を即時かつ継続的に強化します。


HSE における言語とツールの影響

私たちが使用する言語とツールは、安全性の結果に大きな影響を与えます。それらは調整と関与を促進することもあれば、混乱や抵抗を引き起こすこともあります。 「行動」という用語がどのように意味するのかを考えることが重要です。および関連ツールは、安全文化にポジティブな影響を与えるために組織内で使用されます。


行動の微妙な理解を組み込み、戦略的に対処することで、より強固で積極的な安全文化を築くことができます。さまざまな種類の行動を認識し、それらを管理するための適切な戦略を採用することで、組織は職場の安全性を強化し、HSE を継続的に改善する文化を育むことができます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page