top of page

間違った方向を狙う


リーダーは、安全性の卓越性に関する明確で鮮明なビジョンと、それを達成するための戦略を持たなければなりません。これがなければ、他の人をこの目標に導くことは困難になります。


ビジョンとミッションのステートメントは、コンサルタントが作り出した単なる流行語として無視されることがよくあります。しかし、その価値を過小評価すべきではありません。これらのステートメントは、組織の戦略と戦術を導き、安全性を日常業務に統合する方法を形作ります。


安全管理者から戦略リーダーへの移行は極めて重要である

効果的な安全リーダーシップには、日常業務の管理以上のものが必要です。戦略的思考と問題解決能力が求められます。リーダーは、複雑な組織内で安全慣行を変革するための簡潔な戦略を策定する必要があります。


安全性を事業運営に組み込むことは極めて重要です

安全の専門家は、上級管理職と同様に巧みに戦略を立て、安全が事業運営の基盤にしっかりと組み込まれるようにする必要があります。今日の熾烈な競争が繰り広げられる市場で競争するには、中核となる価値観、目的、詳細な目標を網羅した明確な組織ビジョンが不可欠です。安全も、他の事業目標の中でも優先事項でなければなりません。


厳しい現実は、安全性の卓越性とそれを達成するための戦略を明確に説明しなければ、持続可能な改善は実現不可能な夢になってしまうということです。新しいプログラムやトレーニングの取り組みだけでは戦略にはなりません。目標は、規制による罰金を回避したり、失敗を減らしたりするだけにとどまらず、野心的でありながら達成可能で、測定可能で、期限が定められたものでなければなりません。


安全に関するビジョンや目標を策定する際には、次の質問を考慮してください。

  1. あなたの目標は結果重視、パフォーマンス重視、それともモチベーション重視ですか?

  2. あなたの目標は失敗を減らすことですか、それとも成功の指標を積極的に増やすことですか?

  3. コミュニケーションの効果をどのように測定しますか?

  4. あなたのチームはこれらの目標を明確に表現できますか?

  5. あなたの目標やビジョンはどれくらい信じられるものですか?

  6. チームメンバーはこれらの目標を達成するための自分の役割を理解していますか?

  7. 全員が積極的に貢献しているかどうかをどのように評価しますか?


安全において実行者から思考者へ

安全の専門家は、単なる実装者から戦略的な思考者へと進化する必要があります。安全を効果的に業務に組み込むために、戦略的に考え、計画する能力を示し、組織内での戦略的貢献者として認められるよう競い合う必要があります。


要約すると、効果的な安全リーダーシップには、明確なビジョン、戦略的思考、そしてこれらのアイデアを組織全体で効果的に伝達し、実行する能力の組み合わせが必要です。

閲覧数:0回0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page