top of page

5 つの危険な安全認識を克服する


優れた安全性を達成するには、安全性についての前向きな認識が不可欠です。これらは従業員の態度や行動を形成する上で重要な役割を果たします。安全に関する潜在的に有害な信念が職場文化に根付く前に対処し、変革するための戦略をいくつか紹介します。


  1. 記録可能なインシデントゼロの達成可能性: 記録可能なインシデントをゼロにする可能性については、多くの人が疑問に思っています。その主な理由は、自分たちの業界で同様の成功があったことを知らない、または自分たちのインシデントの防止の機会を特定できないためです。この視点を変えるには、同様の職場環境での成功事例を共有し、最近のインシデントのパレート分析を実施して具体的な予防戦略を強調します。

  2. 積極的な安全対策: 「安全」と「幸運」を区別することが重要です。優れた安全性とは、事故がないことだけではありません。それには、リスクを積極的に軽減し、予防策を実践することが含まれます。この定義を明確にし、各従業員が危険管理と傷害予防における自分の役割を理解できるようにすることが重要です。

  3. 安全に対する共同責任: 安全が特定の個人または部門の仕事であると見なされると、共同責任が損なわれます。安全は共同の取り組みです。経営陣は安全な作業環境を作り、安全専門家はコンプライアンスと積極的なリスク管理を確保しますが、全員が積極的に参加する必要があります。成功しているサイトは、安全の役割と期待を行動的に定義し、組織内のさまざまなレベルに合わせて調整しています。

  4. 個人のリスクを認識する: 長期的に怪我なく仕事を遂行できれば自己満足につながる可能性がありますが、リスクは常に存在することを認識することが重要です。トレーニングでは、可能性の低いリスクを特定し、従業員が「危機一髪」や幸運な脱出について安心して話し合える環境を作り出すことに重点を置く必要があります。

  5. 善を超えて努力する: 「善で十分だ」と信じていると、多少の怪我は許容できるという合図を誤って送ってしまう可能性があります。優れた安全性は継続的なプロセスであり、事故が発生していない場合でも、リスクを継続的に改善および軽減するという集団の取り組みによって推進されます。定期的な監査、検査、観察は、改善すべき領域を特定するのに役立ちます。


安全に対する認識を永続的に変えるためには、自己発見が鍵となります。人は、継続的な情報とさまざまな経験を通じて新しい視点に到達すると、その視点を受け入れる可能性が高くなります。誰かの意見を強制的に変えることは効果がなく、持続不可能です。代わりに、経験を変えてガイダンスを提供することで、自然に認識の変化につながる可能性があります。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page