top of page

HSEの進化


安全衛生専門職の起源は、産業革命期の 19 世紀初頭まで遡ることができます。この時代には、子供を含む大量の労働者が工場や鉱山に流入し、深刻な健康と安全の問題につながりました。急速な工業化により、労働者に対する最低福祉基準を確立するために政府と社会の介入が必要となりました。


英国開拓工場法

1833 年英国の工場法は、児童労働の防止と基本的な福祉基準の設定に焦点を当て、重要な一歩を踏み出しました。限定的ではあるものの、労働者保護の世界的な前例となった。この時期には児童労働が減少し、基本的な雇用基準が導入されましたが、正式な安全衛生の専門職はまだ初期段階にありました。


安全専門家の出現

20 世紀初頭までに、より多くの国が労働者保護法を採用しました。しかし、健康と安全における本当の変革は、1930 年代のヘルベルト・ハインリッヒの研究から始まりました。ハインリッヒ氏は、軽微な事故を減らすことが結果的に重大な事故を減らすことができるという概念を導入しました。しかし、事故の95%は「危険な行為」によるものだという彼の主張は、残念なことに、労働者を非難する態度が強化されました。


英国では、1937 年の「ウィルソンズ アンド クライド石炭社対英国」事件が発生しました。この訴訟では、安全な労働環境を作り出すという雇用主の義務が強調され、労働者の責任から制度的問題に焦点が移った。雇用主は危険管理と安全トレーニングを統合し始め、「リスク管理者」の役割が生まれました。


フランク E. バードの貢献と現代の安全慣行

1950 年代と 60 年代のフランク E. バードの著作、特に「トータル ロス コントロール」に関する 1969 年の著書は、安全性を経済的損失の観点から捉えることでビジネス リーダーの共感を呼びました。そして利益が得られます。このアプローチは、健康と安全をビジネス上の必須事項に統合するのに役立ち、今日の健康と安全の専門家への道を切り開きました。


現代の健康と健康安全プロフェッショナル: 多様な役割

英国の 1974 年労働安全衛生法では、雇用主と従業員の両方に対する責任が導入され、安全衛生専門家の役割がさらに発展しました。これらの専門家は「ゼネラリスト」としてスタートしました。それは、利益主導の搾取から労働者を守るという強い信念によって動かされています。時間が経つにつれて、彼らは戦略コンサルタントへと進化し、事業運営に不可欠な役割を担うようになりました。


テクノロジーと将来のトレンド

今日、ウェアラブル、AI、ドローン技術、IoT などの技術の進歩により、健康と安全の状況が再構築されています。現代の健康と安全の専門家は、これらの傾向を常に把握し、労働者の安全と進化する基準への準拠を確保するために継続的に適応する必要があります。


アダプティブ ヘルスと安全リーダー

進歩に伴い、石油・ガス業界の安全衛生専門家は、柔軟で、教育を受け、技術的に精通した姿勢を維持する必要があります。この役割には、世界的なトレンドに対する深い理解、新しいテクノロジーを効果的に統合する能力、そして継続的な専門能力開発が求められます。最も重要なことは、従業員にとって確実にポジティブな結果をもたらし、組織のリーダーにとって信頼できるアドバイザーとなることに常に焦点を当て続ける必要があるということです。


アーカイブから

初期の産業誘導

米国における早期の健康と安全 (映画「Can't Take No More」より - OSHA)


1930 年代から第二次世界大戦まで (映画「Can't Take No More」より - OSHA)


1970 年代の OSHA


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page