top of page

HSEトレーニングの役割を再考する


石油・ガス部門の HSE コンサルタントとしての経験から、私は数多くの事件調査に携わってきました。私が観察した共通のテーマは、事故の原因が「不十分な安全訓練」にあるということです。このため、私は、HSE トレーニングを増やすことが、この業界における事故やインシデントを減らす万能薬であるかどうかについて、批判的に考えるようになりました。


1) トレーニングと知識の保持

一部の HSE 専門家の間では、トレーニングを受ければ仕事は完了だという誤解があります。しかし現実には、従来の教室でのトレーニングの定着率は低いことが多いです。研究によると、私たちは教室で教えられた内容のほんの一部しか記憶に残っていません。したがって、HSE トレーニングを提供することは非常に重要ですが、トレーニングがどのように提供されるか、そしてそのトレーニングがどれだけ従業員に真に吸収され、定着するかを考慮することも同様に重要です。


2) 従業員の士気とモチベーション

何が従業員のモチベーションを高め、やる気を失わせるのかを理解することが重要です。モチベーションの低下は、仕事や管理に対する不満、過小評価されていると感じるなど、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。安全性の成果を真に向上させるには、トレーニングだけの範囲をはるかに超えて、従業員の関与に対する総合的なアプローチが必要です。


3) HSE トレーニングの目的

多くの場合、経営幹部レベルの人々と現場の人々が認識している HSE トレーニングの価値の間には乖離があります。トレーニングが無関係であるとみなされると、却下される可能性があります。したがって、さまざまな作業チームの特定のニーズと状況に合わせて HSE トレーニングを調整することが、その有効性と関連性を確保するために重要です。


4) 教室トレーニングの代替手段

誰もが従来の教室でのトレーニング環境にうまく反応するわけではありません。 HSE 専門家として、私たちはより良い取り組みと結果をもたらす、より成人向けの代替トレーニング方法を検討する必要があります。これには、実地トレーニング、インタラクティブな e ラーニング、実践的なシミュレーションなどが含まれる場合があります。


5) 適切なリソースの重要性

トレーニングがどれほど包括的であっても、従業員が安全かつ効果的に業務を遂行するには適切なツールとリソースも必要です。従業員がトレーニングを効果的に実施するために必要な設備、プロセス、サポートを備えているかどうかを考慮せずに、トレーニングのみに焦点を当てるのはよくある落とし穴です。


6) 適切な人材を雇用する

場合によっては、安全上の問題の根本的な原因は、トレーニングの不足ではなく、特定の役割に不適切な人材が配置されていることです。従業員が指定された業務に対して適性と能力を持っていることを確認することは、従業員をトレーニングすることと同じくらい重要です。ここでは、効果的な人事戦略と有能なライン管理が重要な役割を果たします。


7) 安全戦略の拡大

HSE トレーニングは重要な要素ですが、従業員エンゲージメント、パフォーマンス管理、継続的改善を含むより広範な戦略の一部である必要があります。各従業員の役割を理解し、従業員に適切な装備を与え、職務上の役割と期待を明確にすることは、職場での事件や事故を減らすために不可欠な手順です。


結論として、HSE トレーニングは石油およびガス業界の安全管理に不可欠な部分ですが、単独のソリューションではありません。より包括的なアプローチが必要です。これには、適切なリソースの割り当て、従業員の関与、効果的な雇用慣行、代替トレーニング方法が含まれます。これらの側面を深く掘り下げることで、職場の安全性を向上させるためのより包括的なソリューションを見つけることができます。


出典: Learning Solutions Magazine (2014)




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page