top of page

HSE における戦略的安全性向上のためのデータの活用


現代のデータドリブンの時代では、組織が利用できる豊富な情報は、安全パフォーマンスと文化を強化するための宝の山となり得ます。履歴記録からリアルタイム分析まで、データを効果的に使用することで、健康、安全、環境 (HSE) 管理における戦略的意思決定を形作ることができます。この記事では、組織がデータを戦略的に活用して安全性への取り組みを推進する方法について詳しく説明します。


安全管理におけるデータ分析の進化

データ分析は最近の発展であると認識されがちですが、歴史的には深いルーツがあります。メソポタミアの会計の初期から腺ペストの統計分析に至るまで、人類はパターンや傾向を明らかにする上でのデータの価値を長い間認識してきました。データ処理テクノロジーの出現により、私たちの能力はさらに強化され、「データは新しい石油である」という格言が生まれました。クライヴ・ハンビーによる造語。現在、さまざまな業界の組織が、環境、健康、安全戦略を推進するためにデータにますます注目しています。


情報に基づいた意思決定のためのデータの活用

現在、事後対策や直感ではなく、バランス スコアカードやデータ分析に依存する企業が増えています。データドリブン戦略へのこの移行は、組織内でのデータ サイエンティストの雇用の増加によって明らかであり、HSE における意思決定プロセスが強化されています。


安全性に関する洞察のための主要なデータ ソース

傷害、事件、イベントのデータ:

  • 予防可能性分析: ほとんどの怪我が行動、条件、または環境の変化によって予防可能かどうかを評価します。

  • 変数追跡: レポート内で一般的に追跡される変数が安全パフォーマンスについて何を示しているかを評価します。

  • 時間的パターン: 特定の時間または日の事故率が高いかどうかを特定します。

  • 従業員の要因: 従業員の在職期間、タスク、または役割がインシデントの可能性に及ぼす影響を調べます。

  • 影響の測定: 相関関係のみに基づく仮定を避け、安全性向上の取り組みが安全性の結果に本当に影響を与えているかどうかを判断します。


顧客と消費者:

  • 認識の理解: 顧客、その価値観、安全への期待をどの程度理解しているかを評価します。

  • ブランド認識: 顧客による組織の認識と、貴社が期待する認識にギャップがあるかどうかを調査します。

  • 安全に対する認識への影響: 安全に関する認識と行動を形成する上で主要な影響力を持つ人物と関係者を特定します。

  • 安全目標に対する消費者の調整: 安全目標に沿った方法で行動するための知識と能力を顧客が持っているかどうかを評価します。

  • 効果の認識: どの取り組みが顧客によって効果的であると見なされ、どの取り組みが効果的でないかを分析します。


データドリブン戦略の重要性

信頼できるデータがなければ、戦略的な決定が主観的なものになる可能性があります。直感や運だけに頼ることは、安全管理に対する持続可能なアプローチではありません。データを効果的に活用することで、組織は安全状況を包括的に理解し、改善が必要な領域を特定し、長期的な安全性を強化するための正確な戦略を策定できます。


継続的なデータのレビューと適応の採用

データ主導の意思決定は継続的なプロセスである必要があります。傾向を特定し、それに応じて戦略を調整するには、データの定期的なレビューと分析が不可欠です。

データの力を活用することは、安全パフォーマンスの向上に役立つだけでなく、組織内で積極的かつ積極的な安全文化を促進することにもつながります。

安全性を最適化するためには、データ分析の統合が重要であることを忘れないでください。これにより、組織は推測を超えて、従業員と顧客の両方の共感を得る、対象を絞った効果的な安全対策を導入できるようになります。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page