top of page

HSE コミュニケーションの強化: 「Made to Stick」の教訓

石油およびガス分野の HSE コンサルタントとして、私は安全に関するメッセージをよりインパクトがあり、記憶に残るものにする方法を常に模索しています。 「Made to Stick」で概説されている原則は、次のとおりです。 Chip と Dan Heath による記事は、これを達成するための貴重な洞察を提供します。この本では、知恵の沈黙をダクトテープの有用性に例えた興味深い例えを用いて、アイデアを共鳴させる方法を説明しています。


成功モデルを HSE メッセージングに適用する

  1. シンプルさ: HSE のコンテキストでは、シンプルさが重要です。私たちの安全に関するメッセージは、個人の安全の最も重要な側面に焦点を当て、簡潔かつわかりやすくする必要があります。これにより、情報過多が防止され、核心的なメッセージが明確に理解されるようになります。

  2. 意外性: 石油・ガス事業の多忙な環境で注目を集めるには、メッセージに驚きや陰謀の要素を含める必要があります。これは、聴衆に考えさせるために、驚くべき事実や挑戦的な質問を使用することを意味します。

  3. 具体性: HSE コミュニケーションは現実に基づいたものである必要があります。現実世界のシナリオやデータに基づいた具体的なメッセージは、抽象的な概念よりも効果的に従業員の共感を呼びます。

  4. 信頼性: 信頼は非常に重要です。安全に関するメッセージが信頼できるものとなるためには、組織の価値観や慣行と一致している必要があります。

  5. 感情に訴える: 感情的なつながりにより、メッセージの保持が強化されます。個人的なストーリーを共有したり、安全実践の人体への影響を示したりすると、メッセージへのより深い関与を生み出すことができます。

  6. ストーリー: ストーリーとアナロジーは強力なツールです。日常的な安全プロトコルを、より記憶に残り、行動に移しやすい魅力的な物語に変換します。


HSE における効果的なコミュニケーション戦略

  • 個人的な関連性: メッセージを個人のエクスペリエンスに合わせて調整することで、メッセージがより関連性が高く意味のあるものになります。

  • 計画の明確さ: コミュニケーション計画を作成するときは、プロジェクトの目的、範囲、意図を明確にすることが重要です。既存のテンプレートを使用し、計画の有効性を継続的に評価します。

  • 強化システム: トレーニング後の注意力の自然な低下に対抗するために、重要なメッセージを強化してエンゲージメントを維持するシステムを確立します。

  • 一貫性とポジティブさ: 矛盾する情報を避け、ポジティブで変革をもたらすメッセージに焦点を当てます。何を避けるべきかだけではなく、何をすべきかを強調します。

  • 模範を示す: HSE 専門家として、安全に対する私たちの行動と姿勢は前例を作ります。効果的なコミュニケーション戦略を同僚、家族、友人と共有することは、すべての人にとってより安全な環境を育むのに役立ちます。


要約すると、「Made to Stick」を適用すると、石油・ガス業界における HSE コミュニケーションの原則は、その有効性を大幅に高めることができます。シンプルさ、意外性、具体性、信頼性、感情的な訴え、ストーリーテリングに重点を置くことで、視聴者の心に真に響く安全メッセージを作成できます。 HSE 専門家としての私たちの目標は、情報を提供するだけでなく、職場を超えて広がる安全文化を鼓舞することです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page